榊原郁恵・渡辺裕太が出演する「渡辺徹 追悼企画『続・家庭内文通』」を全国6か所で上演

ニュース
舞台
2023.8.1
(左から)渡辺裕太、渡辺徹さん、榊原郁恵

(左から)渡辺裕太、渡辺徹さん、榊原郁恵

画像を全て表示(5件)


2023年11月4日(土)東京での公演を皮切りに全国6か所にて、榊原郁恵・渡辺裕太が出演する、「渡辺徹 追悼企画『続・家庭内文通』」を上演することが決定した。

今回の追悼公演は、榊原郁恵と渡辺裕太による朗読劇『続 家庭内文通』に加え、前作の2021年『家庭内文通』上映とアフタートークで構成する。

『家庭内文通』は、2021年11月渡辺徹と榊原郁恵の2人のたっての希望で、数多くの名作を生みだした岡田惠和に脚本を書き下ろしてもらい、演出家・鵜山仁、そして俳優で息子の渡辺裕太を迎え、初の親子3人で出演した朗読公演企画。

この作品の続編を企画していたが、2022年11月28日に渡辺徹さんが逝去し、本公演企画を断念。しかしどうにか形を変えてでも続編を開催できないかと考え、多くの人が協力し、前作同様に演出を鵜山仁、そして脚本の岡田惠和が新たな物語を書き足し、「渡辺徹 追悼企画『続・家庭内文通』」として、榊原郁恵・渡辺裕太で公演を行う。

さらに今回は東京だけでなく、愛知、山形、仙台、茨城(古河)、岩手の全国6カ所で開催。チケット発売は、東京、愛知、仙台、茨城(古河)が先行して、プレイガイドにて8月26日(土)より発売開始となる。

榊原郁恵 コメント

渡辺徹芸能生活40周年&還暦記念にことばを大切にしていた渡辺は朗読劇をやろうと。これが何と親子初共演となりました。岡田惠和さんの細やかな脚本と鵜山さんのユニークな演出により3人の新たな世界が広がり《家族って良いなあ》と思って貰える舞台となりました。もっと多くの方にも観て貰いたいと全国周る計画も立てていたのに…ね。でもその想いをやはり届けたくて続編作りました…どんな感じになるのかお楽しみに!

渡辺裕太 コメント

照れくさいなぁ、こそばゆいなぁ、と思いながらも両親と一緒に舞台に立たせてもらった家庭内文通。今は、あの時挑戦しておいてよかった! と心から思います。今回はその続きを心を込めてお届けします!

公演情報

渡辺徹 追悼企画『続・家庭内文通』
■脚本:岡田惠和
■演出:鵜山仁
■出演:渡辺徹 榊原郁恵 渡辺裕太

【東京公演】
日程:2023年11月4日(土)開演 16:00(開場 15:30)
会場:有楽町・I'M A SHOW|アイ マショウ
主催:サンドリーム
 
【愛知公演】
日程:2023年11月11日(土)開演 14:00(開場 13:30)
会場:デザインホール
主催:サンドリーム
 
【山形公演】
日程:2023年11月18日(土)開演 14:00(開場 13:30)
会場:東ソーアリーナ
主催:株式会社エーディーバンク
 
【仙台公演】
日程:2023年11月19日(日) ※2公演
1.開演 13:00(開場 12:30)
2.開演 17:00(開場 16:30)
会場:khb東日本放送 局内のホール『ぐりりホール』
主催:khb 東日本放送
 
【茨城(古河)公演】※1周忌、命日 特別公演
日程:2023年11月28日(火)開演 18:00(開場 17:30)
会場:野本電設工業 コスモスプラザ(三和地域交流センター)
主催:サンドリーム
 
【岩手公演】
日程:2023年12月2日(土)開演 13:30(開場 13:00)
会場:盛岡市民文化ホール
主催:テレビ岩手

■企画制作:サンドリーム
■制作協力:オンリーユー / 地域創造エンターテインメント
■協力:文学座 / ホリプロ
 
公式『続 家庭内文通』Facebook
https://www.facebook.com/imasara.futaride
 
公式『続 家庭内文通』Twitter
https://twitter.com/imasara2de 
 
*榊原郁恵の「榊」は正しくは”木へんに神”と表記します
シェア / 保存先を選択