野村周平らイケメン俳優揃い踏み。男同士のラブシーンも語る!

ニュース
2016.1.11


鬼才漫画家・古屋兎丸氏のロングロングセラーコミックを映画化した『ライチ☆光クラブ』(2月13日公開)の公開収録イベントとミニ会見が、成人式である1月11日にAmeba FRESH! Studioで開催。大人になれなかった少年たちを演じた野村周平、古川雄輝、間宮祥太朗ら9人のキャストと内藤瑛亮監督が登壇した。野村は「この先、俳優の世界を担っていかなきゃいけないと思える9人が集まったなと思います」と力強くアピールした。

主演の野村は「こんなに若い人たちばかりが出ている大作映画はそんなにないと思います。あまりなかった映画かなと感じていますので、是非、劇場に足を運んでいただき、次の世代を見るような感じで映画を見ていただけたらと」と頼もしい発言をした。

古川は「以前から悪役に挑戦したかったので、オーディションで受かった時、素直にうれしかったです。不安もありましたが、楽しく撮影させていただきました」と笑顔でコメント。

間宮は「ビジュアルイメージはスタッフさんを信用して、あとはゼラ(古川雄輝)をどれだけ愛せるかということで。俳優をやり始めてから初めてのラブシーンの相手が古川くんで良かったなと」とうれしそうに語った。

この日、登壇したキャストは、野村、古川、間宮、池田純矢、松田凌、戸塚純貴、柾木玲弥、藤原季節、岡山天音の9名で、それぞれが書き初めの色紙も披露し、楽しくクロストークした。

『ライチ☆光クラブ』の舞台は、黒い煙と油に塗れた蛍光町と廃工場の秘密基地"光クラブ"。大人のいない世界をつくろうとした9人の少年たちによる裏切りと愛憎の物語と、彼らが作り上げた思考する能力を持つ(ロボット)“ライチ”と、少女カノンの恋が、美しくダークな世界観で描かれる。【取材・文/山崎伸子】
 

MovieWalker
シェア / 保存先を選択