今年のJr.王者が決定! 新日本プロレス 大阪城ホール大会は6/9にゴング

ニュース
スポーツ
2024.6.5
新日本プロレス『レック Presents DOMINION 6.9 in OSAKA-JO HALL』が6月9日(日)、大阪城ホールで行われる

新日本プロレス『レック Presents DOMINION 6.9 in OSAKA-JO HALL』が6月9日(日)、大阪城ホールで行われる

画像を全て表示(6件)

新日本プロレス『レック Presents DOMINION 6.9 in OSAKA-JO HALL』が6月9日(日)、大阪城ホール(大阪府)で行われる。メインは今年のJr.王者を争う『BEST OF THE SUPER Jr.31』の決勝戦。

出場20選手による熾烈な争いを制するのは?

出場20選手による熾烈な争いを制するのは?

参加20選手が10人ずつA・Bブロックに分かれて、5月末から行われたリーグ戦を勝ち抜き、6月3日の準決勝で勝利したエル・デスペラードと石森太二が雌雄を決する。

エル・デスペラード vs 石森太二

エル・デスペラード vs 石森太二

後楽園ホール(東京)で行われた準決勝では、Aブロック1位とBブロック2位、Bブロック1位とAブロック2位の選手がそれぞれ対戦。

Aブロックを勝ち点12(6勝3敗)で1位通過したデスペラードは、Bブロックを勝ち点12(6勝3敗)で2位通過したDOUKIを、渾身のピンチェ・ロコで粉砕。決勝進出を決めた。

ピンチェ・ロコでDOUKIを沈めたデスペラード

ピンチェ・ロコでDOUKIを沈めたデスペラード

一方、Bブロックを勝ち点14(7勝2敗)で1位通過した石森は、Aブロックを勝ち点10(5勝4敗)で2位通過したTJPと対戦。一進一退の“灼熱マッチ”を制して、大阪城ホールへのチケットを手にした。

石森はブラディークロスでTJPを撃破

石森はブラディークロスでTJPを撃破

なお、当日のセミファイナルでは、IWGP世界ヘビー級選手権試合 60分1本勝負が行われる。第9代チャンピオンであるジョン・モクスリーにとって4度目の防衛戦で、“キング・オブ・ダークネス”EVILの挑戦を受ける。モクスリーがEVILの荒技をしのいで、ベルトを守ることができるか注目だ。

ジョン・モクスリー vs EVIL

ジョン・モクスリー vs EVIL

イベント情報

新日本プロレス『レック Presents DOMINION 6.9 in OSAKA-JO HALL』

 日時:6月9日(日)16:00開始
 場所:大阪城ホール(大阪府)

シェア / 保存先を選択