白井剛×中川賢一×ライゾマ堀井哲史、コラボ公演『ON-MYAKU 2016』

ニュース
2016.1.14
 ©Yota Kataoka

©Yota Kataoka

パフォーマンス公演『ON-MYAKU 2016 -see / do / be tone-』が、1月30日と31日に東京・上野の東京文化会館小ホールで上演される。

既成のジャンルや表現形式にとらわれず、舞台空間の新たな可能性を追求した作品を企画制作する東京文化会館の「舞台芸術創造事業」の一環で制作される同公演。最先端の技術によってダンサーの動きやピアノの音、ピアニストの動き、映像コンテンツを相互に呼応させて同期し、「音の視覚化」を試みるパフォーマンスとなる。

構成・振付を手掛け、出演するのはアルディッティ弦楽四重奏団とのコラボレーション作品『アパートメントハウス1776/ジョン・ケージ』などに出演している振付家・コンテポラリーダンサーの白井剛。音楽構成と演奏をピアニストの中川賢一、映像を堀井哲史(ライゾマティクス)が担当する。演奏される楽曲は、スティーヴ・ライヒ、オリヴィエ・メシアン、ジョン・ケージ、リゲティ・ジェルジュ、カールハインツ・シュトックハウゼン、武満徹、リュック・フェラーリなどの楽曲で構成。チケットは現在発売中だ。

なお同公演のオフィシャルサイトには、浅田彰、真鍋大度(ライゾマティクス)が公演に寄せたコメントが掲載されている。

白井剛のコメント

この個性ある空間に、ぼくたちが、どう忍び込めるか。
音と光と体の脈が重なるとき、そこにどんな響きが現れるか。

中川賢一のコメント

演奏家にとっては憧れで、聖地でもあり、ちょっと怖い場所。
さらに、ダンスと映像も、とは、相当攻めている。

堀井哲史のコメント

音の信号、指の動き、身体の動き。
リアルタイムに生成される映像は、二人にどう反応するか。

イベント情報

『ON-MYAKU 2016 -see / do / be tone-』

2016年1月30日(土)、1月31日(日)
会場:東京都 上野 東京文化会館 小ホール
構成・振付・ダンス:白井剛
音楽構成・ピアノ:中川賢一
映像演出:堀井哲史(ライゾマティクス)
料金:
一般 S席4,500円 A席3,500円
友の会会員 S席4,000円 A席3,000円
学生 S席3,500円 A席2,500円
65歳以上・ハンディキャップ S席4,000円

CINRA.NET
シェア / 保存先を選択