“ネクスト・アデル”!? 期待の19歳SSW、ラプスリーが3月にデビュー・アルバムを発売

 レーベル争奪戦の末、アデルやヴァンパイア・ウィークエンドを擁する英<XLレコーディングス>と契約した19歳の新星SSW、ラプスリーがデビュー・アルバム『ロング・ウェイ・ホーム』を3月4日にリリースすることが明らかになった。

 イギリスの北西部の海岸沿いの町、サウスポート出身のラプスリー。2014年にサウドクラウド上にアップした『Monday EP』が約50万回の再生を記録。2015年には、BBCが選出するその年期待の新人アーティスト・ランキング<Sound Of 2015>にもノミネートされるなど早くから注目を集めてきた。

 デビュー・アルバムはザ・エックス・エックスを手がけたロディ・マクドナルドをプロデューサーに迎え制作。彼なしではこのアルバムは完成しなかったとラプスリー自身が語るなど、大きな役割を果たした。また、彼女はこのアルバムについて、過去の出来事や感情の自叙伝のようなものであると語っている。曲を制作する際は記憶を辿り、それを元に制作を進めていったそう。

 その低音域が魅力の歌声と、<XLレコーディングス>からデビューすることから“ネクスト・アデル”とも言われる彼女のデビュー作にぜひ注目しよう。

◎「Love Is Blind」MV
https://youtu.be/wXmaDGAlLvU

◎リリース情報
『ロング・ウェイ・ホーム(Long Way Home)』
2016/03/04 RELEASE
XL/ Hostess
BGJ-5010 2,400円(tax out.)
iTunes:http://apple.co/1naHO6n
※ボーナストラック、歌詞対訳、ライナーノーツ付(予定)

<トラックリスト>
01. Heartless
02. Hurt Me
03. Falling Short
04. Cliff
05. Operator (He Doesn't Call Me)
06. Painter
07. Tell Me The Truth
08. Station
09. Love Is Blind
10. Silverlake
11. Leap
12. Seven Months
※日本盤ボーナストラック収録予定

 

Billboard Japan
シェア / 保存先を選択