獄門島一家2度目のワンマンライブでアヴちゃん「特技はセッション」

レポート
音楽
2015.7.19
獄門島一家(撮影:中野修也)

獄門島一家(撮影:中野修也)

昨日7月17日、獄門島一家が東京・LIQUIDROOMにてワンマンライブ「第二回 獄門島一家会合」を開催した。

獄門島一家はアヴちゃん(Vo / 女王蜂)、長岡亮介(G / ペトロールズ)、KenKen(B / RIZE)、中村達也(Dr / LOSALIOS、MANNISH BOYS)が結成したバンド。約1年9カ月ぶり、タイトル通り2回目となるワンマンライブのチケットは即日完売し、会場には超満員のオーディエンスの熱気が充満した。

SE「ラ・カンパネラ」が流れる中、長岡とKenKen、中村の3人が先にステージへ登場。観客の拍手に迎えられた3人はそれぞれの楽器を鳴らし始め、KenKenのジャジーなベースに合わせるように「序曲」を奏でる。そこへ黒いワンピース姿のアヴちゃんが現れ、手にしたトランペットを吹き鳴らし、さらにはスキャットで華麗な歌声を響かせる。「どうもこんばんは、獄門島一家です」という彼女の挨拶に、オーディエンスは大歓声で応えた。

続く「獄門島一家のテーマ」では、アヴちゃんの合図で3人それぞれがソロを披露しフロアを沸かせる。さらに「シーサイドスーサイド」「蒸発」と、獄門島一家のオリジナルナンバーを連発。アヴちゃんはひさびさのライブに集まった観客に「獄門島がライブをする日は湿度がすごいんですよね(笑)」と語りかける。ここで中村が「何しとんじゃ! 」と突然ファンを煽ると、アヴちゃんはそんな中村を「やめなさいお父様!(笑)」と制し、一家の“長女”としての貫禄を見せた。

中盤ではオリジナル曲だけでなく、4人によるジャムセッションも披露。「私たちの特技として『セッションが得意』というのがありまして。リキッド仕様のセッションを聴いてください」というアヴちゃんの言葉で演奏が始まると、4人は即興とは思えない息の合ったパフォーマンスで自在にリズムを変化させていく。曲が終わり、アヴちゃんは「ええ曲やったね!(笑)」と笑顔を見せた。

「獄門島一家唯一のカバー曲やっていいですか?」とアヴちゃんが曲紹介して始まったのは、シブがき隊「スシ食いねェ!」のカバー。原曲とはまったく方向性の異なるエモーショナルでパンクなアレンジに、オリジナルのリアルタイム世代だけでなく若い世代の観客も大盛り上がりとなり、アヴちゃんとのコール&レスポンスを展開する。ここでアヴちゃんは「次のライブが決まりました!」と、11月に横浜と京都でワンマンライブをすることを発表し、オーディエンスを喜ばせた。

長岡の柔らかなギターの音に合わせてフロアが揺れたオリジナル楽曲「多幸感」が終わると、アヴちゃんは「さっき言っていいって言われたんだけど……音源が出るかもね?」と、今後の音源リリースの可能性を示唆して会場を沸かせる。最後に披露されたのは、この日2度目の演奏となる「獄門島一家のテーマ」。最初とは打って変わって、激しくスピード感のある演奏で2回目のワンマンライブが締めくくられた。

次なるワンマンライブは11月3日に神奈川・Yokohama Bay Hall、翌4日に京都・磔磔で開催。チケットの先行先着予約受付は女王蜂のオフィシャルサイトにて7月26日まで行われている。

第三回 獄門島一家会合

2015年11月3日(火・祝)神奈川県 Yokohama Bay Hall

第四回 獄門島一家会合

2015年11月4日(水)京都府 磔磔

オフィシャル先行予約受付:2015年7月18日(土)20:00~26日(日)18:00

音楽ナタリー
シェア / 保存先を選択