シリーズ遂に完結!最新作『X-MEN:アポカリプス』8月公開決定

ニュース
2016.2.3


2000年の1作目公開以来、世界的ヒットを続けてきた『X-MEN』シリーズ。その最新作にして集大成作『X-MEN:アポカリプス』の日本公開が8月に決定。ポスター画像と予告編が到着し、秘められていた“アポカリプス”のビジュアルとストーリーの一部が明らかになった。

今回の舞台となるのは1983年。文明誕生以前から「神」として君臨していたアポカリプスが数千年の眠りから目を覚まし、新たな秩序をもたらそうとマグニートーら強力なミュータント4人“黙示録の4騎士”を率いることに。その流れを危険視した若きX-MENのミスティーク、プロフェッサーX、サイクロップス、ストームらは、最強の存在アポカリプスをめぐり壮絶なバトルを繰り広げていく。

ミュータントの始祖にして史上最強のアポカリプスに扮するのは、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のポー・ダメロン役でも人気を得たオスカー・アイザック。また、マグニートー役のマイケル・ファスベンダーや、ミスティーク役のジェニファー・ローレンスも続投する。さらに予告映像の最後には、エグゼビアに扮するジェームズ・マカヴォイがプロフェッサーXと同じような見た目で映し出されるシーンも盛り込まれている。

『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』『X-MEN:フューチャー&パスト』に続いてプロデューサーを務めるサイモン・キンバーグは「シリーズの中で最大の作品になるよ。これまでにないような大胆な設定で、世界全体が破滅の危機にさらされるという物語なんだ。そして、シリーズ中最高の感動作になると思う」と自信を見せている。

過去シリーズ5作を締めくくる集大成となる本作のメガホンをとるのは、もちろんブライアン・シンガー監督。空前の大スケール映像で描かれる深遠な物語はどのような形で完結を迎えるのか?期待して待ちたい。【Movie Walker】
 


 

MovieWalker
シェア / 保存先を選択