バレンタインの風物詩!麺屋武蔵に“チョコつけ麺”登場


ラーメン店、麺屋武蔵の新宿本店と蒲田店では、2月4日(木)から14日(日)まで、ロッテとコラボレーションしたつけ麺メニュー「つけガーナ2016」(1000円)を各店1日20食限定で販売する。

今年で8年目を迎える、麺屋武蔵とロッテのコラボつけ麺。バレンタインシーズンならではの異色の組み合わせが、毎年注目を集めている。構想3カ月をかけて開発されたという今回の商品は、見た目もスイーツのように仕上げたこだわりの一杯。つけ汁に「ガーナミルク」1枚、 “燻製チョコパウダー”に「ガーナミルク」約0.5枚を使用している。

つけ汁は、牛コンソメと4種類の根菜、「ガーナミルク」が織り成す濃厚な味わい。魚粉、ウスターソース、塩がバランスよく絡み合い、味に奥行きを出している。粗挽きブラックペッパーのピリッとした辛味がアクセントを加え、食欲を刺激されること間違いなしだ。

麺の上には“燻製チョコパウダー”がたっぷり!麺をつけ汁に絡める度にチョコパウダーが溶け出し、味の変化を楽しめる。トッピングの「ガーナミルク」は、最後に食べるのがおすすめだという。その他にはイチゴやカラフルトマト、イタリアンパセリ、ハーブチャーシューを乗せ、彩り鮮やかに仕上げている。

さまざまな素材が絶妙なハーモニーを奏でる「つけガーナ2016」。ラーメン好きのカップルは、バレンタインデートに話題の“チョコつけ麺”を味わってみてはいかが?【東京ウォーカー】
 

Walkerplus
シェア / 保存先を選択