映画『スティーブ・ジョブズ』 監督と脚本家が”そっくりさんの起用”に断固反対したワケとは

SPICER
左から アーロン・ソーキン、ダニー・ボイル監督

左から アーロン・ソーキン、ダニー・ボイル監督

画像を全て表示(5件)

2月12日(金)、スティーブ・ジョブズの生き様を描いた映画『スティーブ・ジョブズ』が公開される。封切りを間近にひかえ、監督ダニー・ボイルと脚本家アーロン・ソーキンから、同作のキャスティングと脚本についてのコメントが届いた。

同作は、Apple社の創始者であるジョブズ本人、家族、関係者への約3年にわたるインタビュー等をもとに執筆された同名記録本を映画化したもの。ジョブズの生涯で最も波乱に満ちた1984年のMacintosh、Appleを追われて作った1988年のNeXT Cube、Appleに復帰して発表した1998年のiMac、この3つの伝説的なプレゼンテーション直前40分の舞台裏を描く。

左から マイケル・ファスベンダー、ダニー・ボイル監督 (C)Universal Pictures

左から マイケル・ファスベンダー、ダニー・ボイル監督 (C)Universal Pictures

脚本を担当したソーキンは、製作総指揮と脚本を手がけたドラマ『ザ・ホワイトハウス』で4年連続エミー賞に輝き、映画『ソーシャル・ネットワーク』ではアカデミー賞脚本賞を獲得した人物。『スティーブ・ジョブズ』では会話だけで200ページにも及ぶ、驚異的な脚本を構成している。

ソーキンは、原案であるウォルター・アイザックソンの著書と全く表現方法が異なる本作について「これは複雑怪奇な人物と、脱線した人間関係の、僕なりの解釈でもある」と語る。さらに「ジョブズの仕事仲間や家族との個人的なインタビューを通じて集めた素材と、アイザックソンの本を同じように扱って推測したのが、僕の頭に浮かんだことのすべてだ。ジョブズの人生には鍵となる5つの人間関係の葛藤があると気付き、それを製品発表にからめたら、形になると考えた。ダニーはそれを熱烈に歓迎してくれたんだ!」と監督の力量を絶賛。

また、ボイル監督は「こんな映画は今までやったことがない」と脚本の特異性に驚いたことを明かしている。また「息をのむような言葉の洪水にビビッと来たんだ。同時に、アーロンが築き上げたスティーブ・ジョブズというキャラクターにいたく感心した。まるでシェイクスピア作品に出てくるような人物だ。残忍なのに、魅力的で楽しくて」とソーキンを褒めちぎるボイル監督。一方のソーキンも「ダニーは会話劇をまるでアクション・シーンのように撮って、魅力的なヴィジュアルにしてくれた。観る人がジョブズを血の通う人間として感じてくれるとうれしいね」と敬意を評している。

左から アーロン・ソーキン、ダニー・ボイル監督

左から アーロン・ソーキン、ダニー・ボイル監督

互いにリスペクトし合う二人だが、キャスティングについてははじめから同じこだわりを持っていたという。それはキャストの見た目にこだわらないということ。ソーキンは「ダニーと僕は、ジョブズやウォズニアック(Apple共同設立者)やスカリー(Apple二代目CEO)のそっくりさんを探すのには、断固反対だった。この映画は初期の段階から、写真ではなく、画なんだと宣言してる」とその理由を明かしている。

(C)Universal Pictures

(C)Universal Pictures


また、ソーキンはジョブズを「指揮者」と表現。「この映画の中で、『君はいったい何がしたいんだ?』とジョブズは何度となく言われる。彼はプログラムの暗号の書き方一つ知らなかった。訓練されたエンジニアでもなければ、コンピューターの科学者でもなかった。オーケストラにはジョブズが弾けるような“楽器”は、一つもなかった……それなのに、彼は並み居るクリエイティブな頭脳の先頭に立って、パーフェクトな指揮ぶりを見せたんだ」と熱く語り、ジョブズの人間性に強く惹かれたことを明かしている。

マイケル・ファスベンダー演じるスティーブ・ジョブズ (C)Universal Pictures

マイケル・ファスベンダー演じるスティーブ・ジョブズ (C)Universal Pictures


圧倒的な力量を持つ脚本家ソーキンがここまでの熱を持って取り組んだ、人間スティーブ・ジョブズとはいったい何者なのか?そして、ソーキンが「アクションのような会話劇」と評するボイル監督の演出はどのようなものなのか?主演のマイケル・ファスベンダーがアカデミー賞ノミネートなど、各映画賞を席巻していることも含め、期待は高まるばかりだ。

『スティーブ・ジョブズ』は2月12日(金)全国公開

公開情報
スティーブ・ジョブズ
 
原題:Steve Jobs
( 2015年/アメリカ)

監督:ダニー・ボイル 『スラムドッグ$ミリオネア』、『28日後…』、『トレインスポッティング』
脚本:アーロン・ソーキン 『ソーシャル・ネットワーク』、『マネーボール』
出演:マイケル・ファスベンダー、ケイト・ウィンスレット、セス・ローゲン、ジェフ・ダニエルズ 他
2015年/アメリカ

配給:東宝東和


(C)Universal Pictures
 
シェア / 保存先を選択