鈴井貴之ソロ・プロジェクト「OOPARTS」第3弾『HAUNTED HOUSE』が開幕

OOPARTS『HAUNTED HOUSE』

OOPARTS『HAUNTED HOUSE』

鈴井貴之のソロプロジェクト「OOPARTS」の第3弾公演『HAUNTED HOUSE(ホーンテッド ハウス)』が、12日、サンシャイン劇場にて開幕した。

物語の舞台は、ひなびた温泉街にある流行らないお化け屋敷。社長のフランケンシュタインと正社員のドラキュラが、必死に経営再建を図ろうとするも、アルバイトのゾンビやキョンシーたちは、まったくやる気は見られない。風前の灯となったそのお化け屋敷に、一人の女性が現れる。彼女の再建アイデアから、最初は嫌々だった面々も動き出し、彼らは、新しいスタートを切ることになるのだが……。

前作『SHIP IN A BOTTLE』では、舞台全体に12台ものシーソーを仕込み、舞台装置にこだわりを見せている鈴井。今回は、斜めに張られたネットの上を役者が駆け回るという、トランポリンのような仕掛けを取り入れた。不安定が生み出す浮遊感が、ユニークながら緊張感のある役者の芝居や、観客を驚かせる効果をもたらしている。

これまで鈴井監督作品に数多く参加し、自身も「水曜どうでしょう」の大ファンを公言する渡辺いっけいをはじめ、意外にも鈴井と同じ舞台に立つのが今回が初めてというTEAM NACSリーダー・森崎博之、前作に続き2度目の出演となる「水曜どうでしょう」ディレクターの盟友・藤村忠寿と、異色のキャスト陣にも注目だ。

ゲネプロを終えたメンバーのコメントは以下の通り。

■渡辺いっけい
基本的に僕は今回みたいな普通の舞台じゃない方が燃えますんで! 高校の文化祭の時のことを思い出して、むちゃくちゃやってやれー!
みたいな(笑)。(お化け屋敷だけに)第六感を駆使して、がんばろうと思ってます。ぜひ観に来てください。

■森崎博之
役者の私たちも「このお化け屋敷がどうなるかわからないぞ」という不安はあります(笑)。しかし、お化け屋敷を出た時に「よかった、ほっとした」というような芝居になっているんじゃないかと思います。明日からの本番、誰より楽しんでやろうと思います。

■藤村忠寿
舞台セットは派手とも違うけど前回のシーソー(『SHIP IN A BOTTLE』)も、今回のネットも空間としてすごく好きですね。とにかく!観ないと(この舞台の魅力は)伝わらない!

■鈴井貴之
ゲネプロを終えて楽しいなって思いのゲージが一気にマックスになった。明日からの本番、楽しいということだけを追求してやっていけば、きっと観客の皆さんと楽しかったという時間を共有できると思います。来てよかったと思っていただけるように精いっぱい務めさせていただきます。

東京公演は、21日(日)まで。

演劇・ミュージカルのポータルサイト シアターガイド
シェア / 保存先を選択