4DX版で再び過熱!『ガルパン』が再ランクイン


2月20日・21日の週末ランキングは、『オデッセイ』が1位、そして『信長協奏曲(のぶながコンツェルト)』が2位と、両作品が3週連続で1・2位をキープ。だが、今回注目したいのはランキング下位のアニメ作品。熱心なファンの口コミが動員数へとつながっているようだ。

2015年11月21日に公開が始まり、14週目を迎えた『ガールズ&パンツァー 劇場版』は、99スクリーンで土日2日間で動員3万91人、興収5966万1700円を記録し、先週の24位から8位まで順位を回復させた。これはファン待望の4DX上映と新規劇場での上映が始まった事が大きい。

映画の内容にあわせて座席が前後左右に動いたり、水や風が観客に吹きかかるなどの演出で人気の4DX版。本作では戦車ごとに座席の震動が違ったり、戦闘時のエアーやフラッシュなどの過剰な演出のスゴさについての感想がtwitterなどSNSで早くも話題になっている。

現在、全国27スクリーンで上映中の本作だが、3月5日からは6スクリーンが追加され、日本で稼働中の全4DXシアターで上映される事に。だが、座席数の少なさや、他の作品との兼ね合いによる上映回数の問題もあり、数日先まですでにチケットが完売していて、ファン同士の壮絶なチケット争奪戦に発展している模様だ。

一方、8位にランクインした『同級生』は中村明日美子によるBL漫画をアニメ映画化したもので、全国30スクリーンでの上映ながら、動員2万3395人、興収3430万8700円を記録。独特のタッチで原作の世界観を映像化するなど、その映像美が公開前から話題となっていただけに納得の結果ともいえそうだ。

なお、1位の『オデッセイ』は土日2日間で動員19万575人、興収2億8487万7800円をあげ、累計動員は150万人を突破。『信長協奏曲(のぶながコンツェルト)』も土日2日間で動員15万6083人、興収2億104万8200円となり、こちらは累計動員280万人を超えるヒットとなっている。また、驚愕アクションで話題の『X-ミッション』が3位、人気ドラマの初劇場版となる『SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁』が7位と、それぞれ初登場となった。【トライワークス】
 

MovieWalker
シェア / 保存先を選択