武蔵野芸能劇場こけら落とし公演に二階堂瞳子ら出演、犬と串『バカから醒めたバカ』

ニュース
2016.2.29
犬と串『バカから醒めたバカ』

犬と串『バカから醒めたバカ』

2016年3 月5日(土)より、劇団「犬と串」が第 15 回目の本公演となる『バカから醒めたバカ』を上演する。この公演では、既存劇団員のほか、劇団新メンバー(通称:犬と串 Jr.)の出演が決定している。また、TBS系列「アメージパング!」や「Android」のテレビCMに出演し、その奇抜なキャラクターで注目を集めている演出家・二階堂瞳子(革命アイドル暴走ちゃん)も出演予定だ。

『バカから醒めたバカ』は劇団史上初となるSFラブコメディ。当作品は会場である武蔵野芸能劇場改修後、初めて行われる「こけら落とし公演」となっている。

犬と串は、2008年、早稲田大学演劇研究会出身者を中心に結成された劇団。「新本格コメディ」を新たなキャッチコピーとし、純粋なコメディへの回帰を目指して活動している。作・演出を担当する劇団主宰のモラルは、昨年小説版「ホテルコンシェルジュ」の著作を担当するなど、その活躍の幅を広げている。

 

イベント情報
犬と串 case.15 「バカから醒めたバカ」 

日時:2016 年 3 月 5 日(土)~11 日(金) 

会場:武蔵野芸能劇場

出演者:
満間昂平・藤尾姦太郎・堀雄貴・萩原達郎・板倉武志・モラル (以上、犬と串)
 二階堂瞳子(革命アイドル暴走ちゃん)
熊野善啓(劇団チャリ T 企画)
日高ボブ美(ロ字ック)
江原健大・大橋純七・堀口留依(以上、犬と串 Jr.)
 

 

犬と串
2008 年 6 月にモラルを中心に旗揚げ。劇団名は「主人を迎えにではなく、実は屋台の焼き鳥をもらうため毎日駅まで通っていた」という忠犬ハチ公の逸話に由来する。「第三舞台」を率いた鴻上尚史や、今最注目の俳優、堺雅人を輩出した「早稲田大学演劇研究会」を拠点に活動を開始。それぞれが舞台に映像にジャンルを問わず活躍する軽やかさと、集結して劇団公演を行う時の泥臭さとのギャップが最大の武器。旗揚げ以降、激しいパワーとスピードで嵐のようにギャグを繰り出す「ナンセンスアイドル」期や、笑いと切なさを共存させる「せつナンセンス」期など、様々な試行錯誤を経て、2015 年に純粋なコメディへの原点回帰、「新本格コメディ」を新たなキャッチコピーとして掲げる。

犬と串オフィシャルサイト
 
シェア / 保存先を選択