日比谷公園の“魚フェス”で全国の魚介を食べ尽くす


3月3日(木)~6日(日)の4日間、日本各地の魚介料理を満喫できる「ジャパン・フィッシャーマンズ・フェスティバル2016 極旨!さかな祭」が日比谷公園で開催。参加費は500円、受付で渡されるリストバンドを着用して会場を巡る。

■ さわらの竹林焼きやタラバガニの炭火焼も

魚の魅力やおいしさを提案し、魚の食文化推進を目的とした食のフードフェスティバル。全国各地の漁業協同組合などが魚介類の料理と物産の販売をする「ご当地おさかなエリア」や、「超人シェフ倶楽部」企画プロデュースの和、洋、中の魚介料理が楽しめる「一流シェフ料理エリア」など、魚介を主役にした企画満載のイベントだ。

注目は、「超人シェフ倶楽部」がメニュー監修を務めた17種類の魚介料理。日本の食材や食文化に関心の深いシェフが集まる同倶楽部からは、料理の鉄人などで活躍していた料理人のレストランなどが参加しており、このイベントの目玉企画となっている。

道場六三郎の店「銀座ろくさん亭」からは香り豊かな「さわらの竹林焼き」、陳建一がオーナーを務める「赤坂 四川飯店」の旬のブリを使った「ブリのたたき ~よだれ鶏ソース~」、坂井宏行の店「ビストロ イル・ド・レ」から香ばしい「タラバガニ 炭火焼 ~カフェドパリバター添え~」など、多彩な料理がそろう。

そのほか、有名シェフによるあら汁や魚のブイヤベースといった「大鍋ふるまい」(先着順)なども予定されており、日本全国の魚介をバラエティに富んだ料理で楽しめるフェスティバルだ。

また、3月6日(日)には来場者の試食と投票によってグランプリを決める「プライドフィッシュ料理コンテスト」や「第3回 Fish-1グランプリ」なども開催される。

都内の名店も参加する“魚フェス”で、日本各地の魚介を味わい尽くそう。【東京ウォーカー】
 

Walkerplus
シェア / 保存先を選択