作品の舞台、渋谷で細田監督作品の世界を堪能!「バケモノの子」展

レポート
2015.7.24

画像を全て表示(11件)

細田守監督作品「バケモノの子」展、本日7月24日(金)よりスタート

2015年7月24日(金)~8月30日(日)の期間、渋谷ヒカリエ 9F ヒカリエホールにて細田守監督作品『バケモノの子』展が開催されます。

映画「バケモノの子」はスタジオ地図が贈る細田守監督の最新作です。
本展では「時をかける少女」や「サマーウォーズ」、「おおかみこどもの雨と雪」そして「バケモノの子」まで細田守監督作品の厳選された絵コンテやレイアウト、原画、背景美術など約300点が展示され、細田監督の世界を楽しむことができます。

「バケモノの子」展の展示内容や体験ブースの一部をご紹介いたします!

オープニングエリア「バケモノの子」

オープニングエリア「バケモノの子」

まず、入口を入ってすぐオープニングエリアでは主人公・熊徹と九太がお出迎え!
目の前に立つと作品の世界に入ったような感覚になれます。
 

絵コンテエリア

絵コンテエリア


キャラクターデザインエリア

キャラクターデザインエリア

映画の設計図ともいえる絵コンテや魅力あふれるキャラクターデザインなど貴重な資料も見ることができます!

 

「バケモノの子」渋天街の門

「バケモノの子」渋天街の門


「バケモノの子」エリア

「バケモノの子」エリア

バケモノの子エリアでは、バケモノの街「渋天街」のモニュメントが忠実に再現されています!
主人公・九太と同じように渋天街に迷い込んだ感覚を体感することができます。

 

熊徹の大太刀モチーフの日本刀

熊徹の大太刀モチーフの日本刀

熊徹がもつ大太刀を忠実に再現。
「ラストサムライ」(03年)に刀鍛冶役として出演した経験を持つ日本を代表する名匠・吉原國家(東京都無形文化財保持者)らの手によって完成された刀が展示されています。

 

雪と雨の背くらべ「おおかみこどもの雨と雪」1

雪と雨の背くらべ「おおかみこどもの雨と雪」1


雪と雨の背くらべ「おおかみこどもの雨と雪」2

雪と雨の背くらべ「おおかみこどもの雨と雪」2

柱に刻まれているのは「おおかみこどもの雨と雪」の雨と雪の身長の記録。
柱の傷に手をかざすとその年頃の雨と雪が現れます。

 

「よろしくお願いしまあああすっ!!」ブース

「よろしくお願いしまあああすっ!!」ブース

「サマーウォーズ」健二になりきってあの緊迫の名シーンを再現!

 

「未来で待ってる」ブース

「未来で待ってる」ブース

ラストシーンで描かれたあの名場面を体験することができます。
「時をかける少女」千昭が耳元であのセリフを!胸キュン間違いなしです。

今回ご紹介した他にも、子供も大人も楽しむことができる展示や体験ブースが盛りだくさんです。

また、来場者には先着で「時をかける少女」「サマーウォーズ」「おおかみこどもの雨と雪」の上映で使用されたフィルムをプレゼント。数量限定となっているためお早めに!

映画の舞台、渋谷で細田監督の世界を堪能しにいきませんか?

イベント情報
細田守監督作品『バケモノの子』展

会期:2015年7月24日(金)~8月30日(日)
休館日:会期中無休
開館時間:10:00~19:00 ※入場は18:30まで
会場:渋谷ヒカリエ 9F ヒカリエホール ホールA
料金:大人(大学生以上)前売 1,500円/当日 1,700円
   小人(高校生以下)前売 700円/当日 900円
   親子ペア券(大人券+小人券)前売 2,000円/当日 2,400円

 
シェア / 保存先を選択