米社会の“あるある”がパロディに!『ズートピア』新映像を公開

ニュース
2016.3.12


全米で『アナと雪の女王』(13)や『ベイマックス』(14)を超える大ヒットスタートを飾り、話題沸騰中の映画『ズートピア』(4月23日公開)。先日ヒロインのジュディが故郷から旅立つ映像が公開されたばかりだが、その続きとなるジュディが警察署へ初出勤するドキドキの劇中映像を先行入手した!

警察署長のスイギュウ・ボゴが新米警察官のジュディら部下たちに連絡事項を伝えるために部屋に入ってきたろころから映像が始まる。朝礼を始めるかと思いきや、ボゴが突然「知らんふりは、できんゾウ。ハッピーバースデー」と、ダジャレを言いながら仲間であるゾウ・フランシーンの誕生日を祝い始める。会社内で同僚の誕生日を盛大に祝福することは、アメリカではよく見かける光景で、アメリカ社会での“あるある話”がパロディになっているシーンだ。

続いてボゴが「新人を紹介すべきだが…」と言いかけ、ジュディが背筋をピンと伸ばし、嬉しそうな表情を浮かべた瞬間、なんと「(紹介)する必要ないな。どうでもいい」とジュディを完全スルー。これにはさずがに前向きなジュディも落ち込んだ様子を見せるが、すぐに気持ちを切り替えようとする姿は思わずグッとくる。

そして最後に、ボゴが街で起きた連続行方不明事件について「ホッキョクグマからカワウソまで肉食動物ばかりだ。最優先で捜査にあたれ」と話し始めるとろこで映像が終了。ジュディはやる気満々といったところだが、可哀相なことにこの後、ジュディだけ捜査を任せれてもらえないという展開が待っている。

連続行方不明事件の犯人は一体誰なのか?ジュディは立派な警察官になることができるのか?まだまだ謎に包まれた『ズートピア』。どんな結末が待ち受けるのか気になるところだが、まずは物語の鍵を握るこの映像をチェックしてみてほしい!【トライワークス】
 

MovieWalker
シェア / 保存先を選択