太宰の短編もとに「どうにもならなかった男」を描くMCRの新作公演

 写真:保坂萌

写真:保坂萌

MCRの舞台『逆光、影見えず』が、6月24日から東京・三鷹市芸術文化センター星のホールで上演される。

MCRは、1994年に脚本・演出を手掛ける櫻井智也を中心に結成された劇団。「笑えることを笑えるように」「物語は些細な日常の中にこそ潜んでいる」という2つのテーマを中心に、悲劇的な状況をも喜劇に転化させる作品を主に上演している。

同公演は、三鷹市芸術文化センターが2004年から続けている公演シリーズ『太宰治作品をモチーフにした演劇公演』の13回目。太宰の初期の短編作品『逆行』をベースに、病床にある「どうにもならなかった男」が、目を瞑り暗闇の中で蝶を追いかけるうちに幼少期まで時を遡り、どうにもならなかった出来事を振り返る様が描かれる。チケットの発売は4月15日にスタートする。

櫻井智也のコメント

若い頃、ゲームセンターでバイトしている時、バイト中に太宰の小説を読み漁っていたことを思い出します。 なぜあの時、猛烈に太宰にのめりこんだのか、仕事中にあんなにのめりこんで、何故バイトをクビにならなかったのか不思議ですが、太宰にはきっと「何事を置いても太宰」という求心力があるんだと思います。 求めて吸い込んだ分、吐き出したいと思います、頑張ります。

イベント情報

MCR
『逆光、影見えず』

2016年6月24日(金)~7月3日(日)全11公演
会場:東京都 三鷹市芸術文化センター 星のホール

作・演出:櫻井智也
出演:
櫻井智也
おがわじゅんや
北島広貴
伊達香苗
小野ゆたか(パラドックス定数)
日栄洋祐(キリンバズウカ)
堀靖明
三瓶大介
ほか
料金:
一般 前売3,000円 当日3,300円
早期観劇・平日昼割 前売2,700円 当日3,000円
学生 2,000円
高校生以下 1,000円
※早期観劇割は6月24日~6月26日の公演が対象
※平日昼割は6月29日15:00の公演が対象

CINRA.NET
シェア / 保存先を選択