「ウォータープロジェクション」とは?話題のアーティストチーム・ATWASがアンコールワットで作品を公開

ニュース
2016.3.31
なら国際映画祭

なら国際映画祭

画像を全て表示(6件)

世界でも珍しいウォータースクリーンを使用した野外パフォーマンスを展開しているアーティストチーム「ATWAS(アトワズ)」が 、2016年4月、カンボジア アンコールワット遺跡前でウォータープロジェクションを行うことが決定した。

「ATWAS」とは、夜の闇を光と音で彩るアーティストチーム。 幅約21m高さ約11mの水を噴霧させて作るもの水幕(ウォータースクリーン)に、映像を映し出す「ウォータープロジェクション」の作品を生み出してきた。その作品内容は映像に限らず、音響・舞台美術・彫刻・衣装・身体表現などがボーダーレスに絡み合うものとなっている。

東大寺鏡池ウォータープロジェクション

東大寺鏡池ウォータープロジェクション

なら国際映画祭

なら国際映画祭

ATWASは、これまで奈良の東大寺鏡池や、京都鴨川などでの作品を披露した実績を持つ。今回のATWASの展示は、カンボジアのお正月にあたる「ソンクラーン」の時期に実施され、カンボジア王国の一大イベントに日本代表として参加することとなる。

 
 
イベント情報
ATWAS
クメールニューイヤー2016 ウォーターアートプロジェクション at カンボジア アンコールワット


日時:2016年4月13日(水)~15日(金) 19時より ※期間中毎晩上映予定
会場:アンコールワット正面 外堀水辺周辺

HP http://www.atwas.jp/
FACEBOOK https://www.facebook.com/atwas.2014/

 

シェア / 保存先を選択