花澤香菜×空気公団、月見ル君想フで一夜限りのジョイント公演

レポート
2016.4.4
花澤香菜「透明な女の子」発売記念ベントの様子。(撮影:樂滿直城)

花澤香菜「透明な女の子」発売記念ベントの様子。(撮影:樂滿直城)

花澤香菜の最新シングル「透明な女の子」の発売記念ベントが、本日4月3日に東京・月見ル君想フで開催された。

空気公団・山崎ゆかりの全面プロデュースで制作された最新シングル「透明な女の子」。今回のイベントでは、花澤が空気公団の演奏をバックに歌うというスペシャルなステージが展開された。花澤は空気公団の戸川由幸(B)と窪田渡(Key)、サポートのオータコージ(Dr)とKASHIF(G)を引き連れステージへ。こじんまりとした場内に集まった観客を見渡し思わず「近い!」とつぶやいた花澤は「皆さん、今日は楽しんでいってくださいね」と告げると、ステージ背後に浮かぶ三日月をバックに、シングル「透明な女の子」からの3曲を披露した。

山崎プロデュースの3曲に続いては、空気公団の演奏で歌う空気公団のカバーコーナーへ。まずは、花澤も声優として参加したテレビアニメ「青い花」のオープニングテーマ「青い花」と、空気公団の最新アルバム「こんにちは、はじまり。」からの楽曲「はじまり」の2曲が歌われた。「こんにちは、はじまり。」発売時のツアーで空気公団のライブを鑑賞したという花澤は、「お客さんが聴きながら浄化されてるような感じ」とその感想をうれしそうに語った。そして花澤はさらに「白いリボン」「夕暮れ電車に飛び乗れ」「おはよう今日の日」と、空気公団の新旧3曲をカバー。背景は満月へと切り替わり、花澤は1曲1曲を噛み締めるように歌い上げていく。

「いやあ、いい曲たちだなあ」としみじみつぶやいた花澤は、ここでステージに山崎を呼び込む。ここまで2階席でライブを鑑賞していた山崎は「上から観てましたよ。感動しちゃった」と花澤の歌声に大満足の様子。花澤とのトークがシングル「透明な女の子」の話におよぶと、山崎は「花澤さんの見たことない一瞬が見てみたかったんです。私は『一瞬を詰み重ねていくと永遠になる』と考えていて。だから花澤さんのさまざまな一瞬を見ることで、永遠を見ていけることが楽しいんじゃないかなって思うんですよね」と楽曲に込めた狙いを明かした。一方の花澤は「シングルの3曲が私は本当に大好きなんです。日々どう自分と向き合って、どういい感じに過ごしていくかというヒントがたくさん詰まっている気がして。そのときどきの気持ちに寄り添ってくれる曲たちばかりで、本当にありがとうございます」と山崎に改めて感謝の思いを伝えた。

山崎とのトークを終えると、花澤は「1回限りで終わるのはすごく寂しい」とライブが終わるのを惜しみつつ、最後に自身の過去の楽曲から「マラソン」と「Silent Snow」の2曲を空気公団の演奏で披露した。アンコールの声がかかるとうれしそうに再度登場し、「3人編成でやりたい曲があるんですよ」と、2013年発売の1stアルバム「claire」から「おやすみ、また明日」を窪田とKASHIFのみのシンプルな演奏でパフォーマンス。そして再び戸川とオータも合流すると「あの曲をやらぬわけないはいかないでしょう。with 空気公団で!」と、ライブの定番曲である2012年のデビューシングル「星空☆ディスティネーション」でスペシャルなステージを締めくくった。

なお花澤はこのあと、6月1日に通算10枚目となるシングル「あたらしいうた」をリリースする。表題曲は彼女をデビュー時から支える北川勝利(ROUND TABLE)の作曲で、作詞は花澤自身によるもの。本人作詞の楽曲がシングル表題曲として発表されるのは今回が初となる。

花澤香菜 9thシングル「透明な女の子」リリース記念スペシャルイベント
2016年4月3日 月見ル君想フ セットリスト

01. 透明な女の子
02. パン屋と本屋
03. 雨降りしき
04. 青い花
05. はじまり
06. 白いリボン
07. 夕暮れ電車に飛び乗れ
08. おはよう今日の日
09. マラソン
10. Silent Snow
<アンコール>
11. おやすみ、また明日
12. 星空☆ディスティネーション

音楽ナタリー
シェア / 保存先を選択