芸劇 ブランチ・コンサート 〜清水和音と八塩圭子の名曲ラウンジ〜

ランチの前に愉しめる豪華メンバーによる名曲の数々

 最近、平日の日中に楽しむことができるコンサートが人気だ。そんな中この春、東京芸術劇場でも、偶数月の水曜日の午前11時から1時間というスタイルで、新たに『芸劇ブランチ・コンサート』シリーズがスタートする。

 ナビゲーターはフリーアナウンサーの八塩圭子。演奏はピアニストの清水和音とその“仲間たち”が担い、実に多彩な顔ぶれとプログラムが並ぶ。

 4月20日に開催される第1回は、今後出演するメンバー紹介も兼ねてサン=サーンスの「動物の謝肉祭」を演奏するというから、いきなり豪華でおもしろい。大江馨(ヴァイオリン)や竹山愛(フルート)といった日本音楽コンクール優勝者や、佐々木亮(ヴィオラ)、伊藤圭(クラリネット)というN響首席奏者など、若手を中心とした実力派が総出演する。

 その後は、第2回はシューベルトのピアノ五重奏曲「ます」、第3回は清水和音の「英雄ポロネーズ」はじめピアノ作品を中心としたプログラムと、初心者からクラシック音楽好きまで幅広く楽しめる絶妙な選曲が光る。秋以降も「フルート&ハープ奏者は美人じゃないとダメ?」(第4回 10/19)、「クラリネットはお好き?」(第6回 2017.2/22)など、ワクワクする楽しいタイトルが掲げられている。

 演奏だけでなく話のおもしろさも抜群の清水和音がまとめ役を務める企画とあって、1時間といえども、音楽的にもトーク的にも大満足のコンサートとなりそう。2200円という手ごろな料金も嬉しい。

文:高坂はる香
(ぶらあぼ + Danza inside 2016年4月号から)


芸劇 ブランチ・コンサート 〜清水和音と八塩圭子の名曲ラウンジ〜
第1回 「動物の謝肉祭」 初回は名曲でメンバー紹介! 4/20(水)
第2回 シューベルトの「ます」 今日の主役はコントラバス 6/22(水)
第3回 「清水和音の英雄ポロネーズ」 ピアノの魅力が満載! 8/24(水)
各回 11:00
東京芸術劇場 コンサートホール
問合せ:サンライズプロモーション東京0570-00-3337
http://miy-com.co.jp
WEBぶらあぼ
シェア / 保存先を選択