監督・大地丙太郎さん&声優・山下大輝さんが『とんかつDJアゲ太郎』に挑む!メインの肉は月9のようなドラマ、ギャグは中濃ソース!?

ニュース
2016.4.10
『とんかつDJアゲ太郎』大地丙太郎さん&山下大輝さんインタビュー

『とんかつDJアゲ太郎』大地丙太郎さん&山下大輝さんインタビュー

 DJミーツ“とんかつ”という衝撃のコンセプトで、渋谷のクラブシーンを駆け巡る勝又揚太郎の成長と友情を描く漫画『とんかつDJアゲ太郎』。2016年4月より、ついにTVアニメがスタートです。スタッフ&声優のみなさんは、一体どうやってお茶の間をアゲるのか。また、一体どのような作品になるのか。気になっている方も多いことでしょう。

 そこで今回は、大地丙太郎監督&山下大輝さん(勝又揚太郎 役)へ行ったインタビューの模様をお届け。『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん』や『ギャグマンガ日和』などを手掛けたギャグアニメの巨匠でもある大地監督、『弱虫ペダル』小野田坂道役など話題のキャラクターを演じている山下さん。この二人が組み合わさるとどんな化学反応が起こるのでしょうか? その片鱗が垣間見えたインタビューをお楽しみください。


■ スタッフみんなで油裂音を聞きにいきましたからね

──本日はよろしくお願いします。まずは本作で主演、監督を務めることになったときの感想や作品に対する印象などからお聞かせください。

大地:監督になるって決まったときのことは、実は覚えてなくて(笑)。

一同:(笑)。

大地:他の仕事でバタバタしていたんでしょうね。決まった時はまだ原作も読んでいなかったんですよ。当時は別作品のお話しもいただいていて、どっちの監督になるかわからなかったんです。僕的にはもうひとつのほうがアニメになるだろうって思っていたので(笑)。で、結局『とんかつDJアゲ太郎』になって、「そうなんだ!」と思ったのが正直なところです(笑)。

そこから仕事がひと段落して、そろそろ準備しないとなと思って原作を読んだんです。読んでみたらこれはすごいなと。最近はシーズン2とか続きものをやることが多くて、新作がなかったんです。久々の新作で、しかもニュータイプの作品。こんなの見たことないですよ。一気に燃えましたね。

最初読んだときに、こういった絵だけどドラマの月9だなって思いました。ドラマが面白い。そう思っていたのに、最初の打ち合わせで「ギャグをお願いします!」と言われて、「ギャグ!?」ってビックリしましたが(笑)。

──(笑)。山下さんはどうでしょう?

山下:最初は作品内でキャラクターたちが何を言っているのか全然わからなかったんです
。台詞を読んでみても知らない単語がいっぱいあってビックリしましたし。それでも面白い世界観だなとは強く感じました。僕もたくさんの少年漫画を読んできましたが、この作品で新しい境地が開けたような気がしています。ギャグもあるけど、しっかりまじめなところもあるんだなって。漫画を読んでいて不思議な空間にいるなと思いました。

これがどんな風にアニメになるか、僕の中でもまだふわ~っとしてます(笑)。漫画の中でもすごく表情が豊かだし、躍動感もある。僕らも収録していてノリと勢いがすごくて、個人的にも出来上がりが楽しみです!


──実はアニメ第1話と第2話を見させていただきました。僕も原作からのファンなんですが、十分に楽しめましたよ。

大地:それは何よりですね。番組が始まる前のインタビューが一番きついんです。原作がいいと思ったものは特に。『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん』のときはインタビューに答えられませんでしたからね。「面白くなるかわかんないですよ!」って(笑)。何を答えていいのかわからなくなっちゃいましたよ。原作を読んですごく笑って、監督をやらせてくださいってお願いしたのに、いざやってみると「俺にできるのかな……?」って心配になって。

山下:原作の力ってすごいですからね。

大地:そうそう。だからインタビューは視聴者の反応があった後のほうがいいよね(笑)。


──なんだかすみません……(笑)。

大地:いえいえ! 楽しんでいただけているのでよかったです(笑)。

──制作の途中かと思いますが、本作でこだわって作っている部分などはあるんでしょうか?

大地:これはものすごくいっぱいありますね。まずは音楽。それから油裂音(ゆれつおん)※ね!(笑) 最初、スタッフみんなでとんかつ屋のすぎ田さんに油裂音を聞きにいきましたからね。オイリーさんみたいに録音しながら(笑)。この時の逸話があるんですが、あんまり音がしないんですよね。「静かですね。あんまり音はしないんですか?」って店長さんに聞いたら、「そうですね。意外としないですね」って言われちゃって。でもアニメでは強調しないといけないから派手めにやろうとスタッフで決めました。で、この前個人的にすぎ田に食べに行ったら、ものすごい油裂音がしていて(笑)。

※揚げ物を揚げる音。

一同:(笑)。

大地:原作でも「店によって異なります」って書いてあったけど、あれは「その日によって異なります」だね(笑)。でも逆にホッとしましたね。

あと、クラブの雰囲気を出すのはこだわっています。これは正直に言うと一番自信がないところです。どこまで再現できるのか相当四苦八苦しています。その甲斐もあって、第1話はけっこういい感じに仕上がっていますよ。なので、これ以降は大丈夫かなって心配しています(笑)。キャラクターを描くのも難しいんですよ。線の太さも特徴的ですからね。引きの絵と寄りの絵があるので、線を3種類くらい設定したり。

美術の面で言うと、渋谷の街並みですね。どこまで書き込むのか再現度には気を付けています。原作で出てきたシーンは全部ロケハンに行きました。松山鷹志さん演じる溝黒五郎のレコード屋の元になった本屋とか。これ代々木上原にあるタカシの本屋です。レコ屋は実際にはなくて。別のネタにしますか? オイリーハウスのビルとか。

山下:えー! 本当ですか!?

大地:行ったら普通の本屋だったんだけどね(笑)。そういう意味ではこだわりどころが多すぎですね。

アニメの一番最初の打ち合わせに音響監督が出席するのはまずないんですが、本作では最初から立ち会ってもらっています。シナリオがなくて僕が直接絵コンテを描いているので、原作をみんなで読みながら打ち合わせしているんですが、「このシーンはどんな音楽がかかるんですか?」って僕が音響監督のたなかさんに聞いたりして。「そこはね、この音楽がかかってMIXされていって……」「それどういうこと!?」みたいな感じで打ち合わせしていました(笑)。わからないところはDJ講座が始まってね。なので、意外ととんかつのようにカロリーの高いアニメになっていますよ。

山下:僕も初めて聞くような話ばかりなので驚いています! 正直かなりビックリですよ。声優陣はというと、表情やリアクションが大きいので、テンポ感や勢いを大事にしています。あとは掛け合い。家で練習してきたものと現場でやるテストは全然違うものになるので、現場に来てからパン粉を振る工程が始まるような感じがあります。みんなで『とんかつDJアゲ太郎』をいうひとつのとんかつを作っているような感覚ですよ(笑)。

あとは、アフレコの段階で音楽が入っているところもあるんです!。監督の声も入っていたり(笑)。そのクオリティがメチャクチャ高くてキャスト陣がいつも困ってます(笑)。

大地:あれは困らせるためにやってるので(笑)。

──監督がキャラクターに声をあてているんですか?(笑)

山下:そうですそうです! しかも全部のキャラクターに!

大地:SEも入れちゃったり(笑)。

山下:監督の声で、「ドーン」とか「バーン」とか「ドカーン」とか言ってます(笑)。

大地:一番すごいのは、横を通過する電車の音まで入れたんだよね(笑)。

山下:監督が準備されたものだけで作品がひとつできるんじゃないかってくらいのクオリティですよ。なのでキャスト陣はそんなプレッシャーもありつつです。でもそれだけこだわっているっていうことですよね。


──それだけのこだわりが……。先ほどお話しも出てきていましたが、アニメファンにとってクラブはあまり馴染みのないものだと思います。クラブの魅力を伝えるために何か行っていることはありますか?

大地:僕はディスコの時代に少し行ったことがあるくらいだったので、クラブはスタッフのみんなと取材で行きました。取材なんだけど、音楽を聴いていたらノリたくなってくるんだよね。誰もいなければひとりで踊りたくなっちゃうくらいに。これはいいなと思いました。作品自体がいいリズムで駆け抜けていけたら「クラブっていいな。行ってみたいな」と思ってもらえるんじゃないかなと、そこは少し狙っています。作品がひとつの音楽のようなイメージでできないかと思っています。

■ 山下くんはこの役をやるために生まれてきたみたいなところあるよね?(笑)

──ここからは各々に質問させていただきます。まずは山下さんから。ズバリ、勝又揚太郎の好きなところはありますか?

山下:真っすぐなところが一番好きですね。すごく素直ですし、等身大で本当にいそうな男の子だなって思います。そんな男の子が夢を見つけて目標に向かって走っていく王道なストーリーもいいですよね。ド直球な男の子の感じが少年漫画らしい、ジャンプらしい魅力なんじゃないかなと思っています。みんなが揚太郎に自分を投影できるし、揚太郎と同じ気持ちになって「DJって面白そう!」と感じられる、見ていて気持ちのいいキャラクターですね。周りの友人などに助けてもらったり、挫折からの立ち直りみたいなものもあって、熱いんですよね。あとは、目元にホクロがあって意外にセクシーなところかな(笑)。


──キャスト陣も豪華なようですが、アフレコ中の様子はいかがですか?

山下:ショートアニメなので、アフレコが駆け抜けるように終わっちゃうんです。第1話のときは、台詞のスピードが早すぎてみんな尺に入れきれなくてこぼれるこぼれる(笑)。BPMが超速いです(笑)。最初は、僕も含めてみなさん戸惑いがあったんですけど、だんだんと『とんかつDJアゲ太郎』の空気感をつかみ始めて、かみ合っていくのはアフレコをしていて楽しいですね。

キャラクターも増えてキャストの方も増えてくるんですが、キャラクターが個性的なのでみなさんがどんな風に演じるのかなというのも楽しみですね。DJオイリー(CV:藤原啓治さん)とかもう……!!

大地:あれはピッタリだよね。藤原さんしか思いつかなかったもん。

山下:初めて掛け合いをさせていただいたときに、楽しくて楽しくて僕もテンションがあがっちゃいました(笑)。揚太郎とDJオイリーの長い掛け合いがあるんですけど、ずっとワーワー言ってて面白かったです! アフレコはやっぱり楽しいですね。みんなが楽しんでやっているなというのは感じます。揚太郎の友人たちも特に。

大地:僕らは友人4(ゆうじんフォー)って呼んでるんだけど、友人もいいよね。

山下:友人4は見ていて楽しくなってくるし、場の空気を和ませてくれます。毎回毎回、どうなるんだろうと思いながら現場に入って、想像以上に楽しかったと思える現場なので、すごく楽しいですね。実際のアーティストさんがアフレコをされているのも新鮮で、、新しいアフレコをしているような現場だなって思います。

──そんな楽しい収録をされていますが、山下さん的にDJやクラブってどんなイメージがありますか?

山下:これは正直に言って、すごくチャラいイメージがありますした(笑)。でもこの作品に関わらせていただいてから少し興味が湧きましたね。揚太郎を演じているからなのかもしれませんが、楽しそうだなと思いました。人によってDJのやり方も違いますし、こんなに広い世界があるんだ!と新しい発見でもありましたね。クラブにひとりで行くのは怖いですが(笑)。

大地:行こう行こう! アフレコ終わった後に行こう!

山下:ぜひぜひ! すごくドキドキしますけど(笑)。

大地:みんなで行けば怖くないよ! 今度「LARD CITY※」があるから行きたいね。

山下:あのイベント行きたいですよね! 揚太郎がどうやってアゲるのか気になります!

※作品内で揚太郎たちが開催しているクラブイベント。SHIBUYA WOMBにてテレビアニメ放送記念としてリアルイベントが2016年4月16日に開催。

──続いては大地監督への質問です。「ギャグをお願いします」とのことですが、本作でのギャグ要素はどのようなものになっていますか?

大地:さっきも言ったように、僕は本作をドラマとして捉えていたんです。ギャグと言えば『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん』や『ギャグマンガ日和』なんです。もう笑いだけしかないような(笑)。でも『とんかつDJアゲ太郎』はスピリッツがありすぎるので、僕としてはドラマをメインにして、ギャグは中濃ソースみたいな感じにしています。

バランスはすごく良くて、真面目一方だけだとこんなに面白くはならなかったと思うんです。揚太郎なんか、クリスマスでも同じ格好してますからね。そこ自体がギャグ。そういった散りばめられたギャグはいっぱいあるけどさりげなく、わかる人はわかってくれたらいいよという気持ちでやっています。作品の中で誰もツッコまないんですよ。

山下:そうなんです、みんな真面目ですからね(笑)。

大地:でもツッコミどころばっかりなんだよね。

山下:視聴者がツッコんじゃうかも(笑)。

大地:SEとかもこだわっていて、長さやレベルを調節して何度もやり直してもらっています。コミカル音が欲しい時と、いらないところと、やってみないとわからない。そういう意味ではけっこう気が許せないですね。音楽面ではたなかさんと、藤原大輔さん(MU-STARS/MU-STAR GROUP)がいるので大船に乗ったような気分です。なので、ギャグ部分の間や空気はこだわってみなさんにリクエストしています。

──なるほど。大地監督から見て、山下さんの演技はいかがですか?

大地:山下くんはこの役をやるために生まれてきたみたいなところあるよね?(笑)

山下:その通りです!(笑)

大地:なんでこんなにピッタリなんだろうって思ったよ(笑)。

山下:本当ですか?!

大地:オーディション用の音声をもらったときに、もう揚太郎ができてたんですよ。その音声を使ってデモ版を作ってみたんです。少しニュアンスが違ったところもあったけどバッチリで。違うところは僕がアフレコし直したんだけど、そのときから山下くんボイスでやってました(笑)。

だから本番は違和感なくて。スタッフさんに、「山下くんって大地監督の作品にピッタリですよね」って言われたくらいです。ちょっとバカな役をやらせたら右に出るものはいませんよ(笑)。あのバカはなかなか出せませんよ!

山下:嬉しいです! バカって言われたけど嬉しい!(笑)

大地:友人4との絡みが一番バカじゃない? 全員バカだから(笑)。

山下:そうなんですよ。脊髄反射で行動しているみたいな(笑)。

──放送が楽しみになってきました(笑)。ちなみに、先ほどチラッとお話が出ていましたが、ナレーションをアーティストさんがやっているそうですね……。

大地:ナレーションはどうするかという話は出ていたんです。宣伝として声優さんではない人を呼びたいという意見もあって、大賛成しました。僕が意見を出したのは、同じ人がずっとやるのか、話数によって変えるか。「絶対変えたほうが面白いよ」とは言いました。誰が出てくるかわからないドキドキがあったほうが面白いだろうなと思って毎話で変えてもらっています。それもそれで大変だったみたいですが……(笑)。どのナレーションの方もとても面白いですよ。

山下:僕もナレーションは聞けてないので楽しみです。

大地:最近のアニメシリーズだと、こういった遊びがなかなかないので、遊びどころが満載の『とんかつDJアゲ太郎』には合っていると思いますよ。

──その他、「これだけは言っておきたい!」と思っていることなどあればお願いします。

大地:今回のアニメはラードシティまでなんですけど、やっぱりその後が面白いからね。上野、名古屋、京都、どこも面白い。コマさんとかもう声優を考えているんだけどねー。

山下:えー! やりたいやりたい!

大地:あとは、この作品に関わってとんかつをこれでもかってくらいに食べてます(笑)。作品をやるときは、その世界に手を染めようをいつも思っているんです。なので、今はとんかつ。作品が終わったらまたギョウザに戻りますよ(笑)。

山下:とんかつ食べるときの気持ちが変わりますよね。

大地:油裂音が聞こえないお店には行かなくなっちゃった(笑)。


──アニメを見終わった後にみなさんにもとんかつを食べて欲しいですね! ではそろそろお時間なので、アニメを楽しみにしている読者のみなさんへメッセージをお願いします。

大地:楽しみにしている人に対しては、「怒らないでね」だけです(笑)。精一杯やってます! それだけです!

山下:DJというのはみなさんの中ではなかなか未知の世界だとは思いますが、きっと『とんかつDJアゲ太郎』を見れば思いのほか身近なものだったんだなと気づいていただけると思います。普段聴いている音楽に耳を傾けてみたり、意識が変わったり、きっとみなさんを新たな世界に導いてくれる作品になっているはずです。みなさんの楽しみ方でぜひ何度も見て楽しんでいただけたら嬉しいです!

大地:素晴らしいコメントですね!

一同:(笑)。


■ TVアニメ『とんかつDJアゲ太郎』

TOKYO MX(日曜22時15分~)他にて、2016年4月10日放送スタート!
読売テレビ、中京テレビ、BS11でも放送!
※放送日時は変更になる可能性があります。

<STAFF>
原作:イーピャオ・小山ゆうじろう(「少年ジャンプ+」連載中)
監督:大地丙太郎
音楽:藤原大輔(MU-STARS/MU-STAR GROUP)
アニメーション制作:スタジオディーン

<CAST>
勝又揚太郎:山下大輝/勝又揚作:石井康嗣/DJオイリー:藤原啓治/忍堀修吾:津田健次郎/溝黒五郎:松山鷹志/服部苑子:M・A・O/DJビッグマスターフライ:茶風林


◆TVアニメ放送開始記念DJイベント「LARD CITY」概要

日程:2016年4月16日(土・RECORD STORE DAY)
会場:SHIBUYA WOMB(オールスタンディング)
出演:とんかつDJアゲ太郎、藤原大輔(MU-STARS/MU-STAR GROUP)、Yummy、
tofubeats、DJみそしるとMCごはん
開場:16:00/開演:17:00
チケット料金:3,000(ドリンク代別)
協力:RECORD STORE DAY JAPAN
オフィシャルサイト先行チケット受付開始!!

抽選受付期間:2月29日(月)14:29~3月6日(日)23:00
当落確認&チケット引換期間:3月8日(火)15:00~3月13日(日)23:00
受付URL:http://l-tike.com/lardcityticket/
来場者特典:ラードシティ名物ワンラード(食品衛生上、中身はラード型消しゴム)


>>アニメ『とんかつDJアゲ太郎』公式サイト
>>アニメ『とんかつDJアゲ太郎』公式Twitter(@tonkatsu_DJ)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう!


■アニメイトTVの人気記事!

池田秀一さん&古谷徹さん『映画・名探偵コナン』が通常の3倍観たくなる対談

2016春アニメ 声優別出演情報まとめ

『おそ松さん』最終回を前に声優陣がこれまでの放送を振り返り!

『SB69』超ド級金持ち新バンド。何もかもがケタ外れのインタビュー

谷山紀章さん、鈴木達央さん、森久保祥太郎さんらが熱唱!写真多数!

アニメイトタイムズ
シェア / 保存先を選択