MELLOWSHiPがその攻撃性と精神を刻んだレコ発ツアーファイナル

SPICER
 撮影=manaty

撮影=manaty

画像を全て表示(14件)

強靭なバンド・サウンドを軸に、エモ、パンク、ラウド、ファンクさらにはEDMまで、さまざまな要素を取り入れたミクスチャー・サウンドで話題に。すでにONE OK ROCK、ROTTENGRAFFTYなどとも共演を果たし、出演するフェス・イベントは大盛況。現在では「ネクスト・ブレイク最有力」バンドとして、注目されている大阪出身の4人組・MELLOWSHiP。彼らが3月27日にリリースした1000枚限定シングル「AWAKE」のレコ発ツアーが敢行された。

撮影=manaty

撮影=manaty

撮影=manaty

撮影=manaty

東名阪にて、魔法少女になり隊、Survive Said The Prophet、鏡トナリ、彼女in the displayなどと共におこなわれたツアー。その最終公演である、4月8日の渋谷THE GAMEは、開場直後からオーディエンスが前方にひしめきあい、伝説の一夜が生まれそうな雰囲気。トリを飾ったMELLOWSHiPの登場前から、何もしなくても背中から汗がにじみだしてしまうほどの熱気だった。そんななか、EDMの高揚感のあるビートにのせ、拳を高く振り上げて颯爽と登場した4人のメンバー。$ENKIN(Vo/G)の「君たちの生活・人生に覚醒(AWAKE)を!準備はできているのか!」というシャウトと共に、最新シングルに収録、MELLOWSHiP史上最も攻撃的な楽曲と話題騒然になっている「GLORY」を披露。高速度と鋭さを増していくばかりのビートにのせ、フロアではモッシュ・ピットが生まれ、「ヘイ!」という歓声が巻き起こるなど、早くもオーディエンスとの特別な関係が築かれた気がした。メンバーもその盛り上がりに触発されているようで、テンションが高まっていき、続くエモ・チューン「JUST FOREVER」、「The Delicious Rap Show Massacre」ではToshiki(G)とtomoki(B/Vo)がフロアに飛び出してモッシュ・ピットのなかで演奏。Tatsuya(Dr)もフロアに負けないダイナミックなビートを叩きだすなど、興奮のリミッターがすでに外れている様子だった。

撮影=manaty

撮影=manaty

撮影=manaty

撮影=manaty

その後「Down Down Down」、「NOW」、「Spit Fire」、「Dear all my families」と立て続けにダンサブルでポップ感のある楽曲を披露。会場全体の一体感や結束力がさらに強まった空気のなか、突然$ENKINがシリアスな表情になり「毎日一生懸命に生きているけど、自分たちだってなかなか思い通りに人生は進まない。ネクスト・ブレイクと言われ続けている間に、他のバンドに先を越されている感じがしていて悔しい」などと、自身の思いをさらけ出し始める。「それでも下を向くな!前を向け!と自分に対して歌い続ける。前を向き続ける力がある限り、音楽の最前線に乗り込んでいきたい」と目を潤ませながら強い決意を叫び、会場からは熱い声援が巻き起こった(洟をすする音も)。そして「音楽に対する恨みや感謝の気持ちをこめた」という最新シングル収録の「MELODY」を披露。彼らが抱えているフラストレーションをすべてぶつけているようなパフォーマンスに、興奮や感動などいろんな感情が湧き出てきたと同時に、4人の音楽に対するストイックな姿勢も感じることができた。

撮影=manaty

撮影=manaty

撮影=manaty

撮影=manaty

以降、自分たちの行く道を示したというパワー・チューン「The Way」、EDMやパンクの要素をミックスしたスリリングな「Tomorrow」、そしてメロディアスな「beautiful somewhere」をパフォーマンスし、熱狂の本編が終了。すると、ステージ上にスクリーンが下り、6月8日に3枚目となるミニ・アルバム『OVERKILL』の発売と、それにともなう全国ツアーの情報をアナウンス! そしてスクリーンが上がると「これからMELLOWSHiPは、タイトルどおり過剰攻撃(OVERKILLの訳)していくんで楽しみに!」という声とともに、再びステージに登場した4人。アンコールでは、この日参加したバンドのメンバーも(選抜で)登場。「Re:revolution」を(観客を含む)全員で拳を振り上げながら大合唱して、1時間におよぶ熱狂のステージは終了した。

撮影=manaty

撮影=manaty

 現在の感覚を絶妙に取り入れながらも、しっかりとした芯を感じるバンド・サウンドを奏でるMELLOWSHiP。今はまだ理想の場所にたどり着いていないのかもしれないが、その過剰なまでの攻撃精神を持ち続けていたら、そう遠くないうちに彼らの思う風景が見えそうな、そんな予感がヒシヒシと伝わってきたライヴであった。今後の動きに注目していただきたいバンドである。


撮影=manaty レポート・文=松永 尚久

撮影=manaty

撮影=manaty

ライヴ情報
MELLOWSHiP "OVERKILL TOUR 2016" &
vs revenge my LOST "THE WAY OF MONSTERS" OSAKA


2016.06.17(fri)
OPEN 18:00 / START 18:30
ADV ¥2,500 / DOOR ¥3,000 with 1drink
心斎橋Music Club JANUS
GUEST : revenge my LOST / ホロ and more...
MELLOWSHiP "OVERKILL TOUR 2016" &
vs revenge my LOST "THE WAY OF MONSTERS" TOKYO

2016.06.24(fri)
OPEN 18:00 / START 18:30
ADV ¥2,500 / DOOR ¥3,000 with 1drink
渋谷CYCLONE
GUEST : revenge my LOST / ジラフポット and more...
 
MELLOWSHiP “OVERKILL TOUR 2016”

2016.07.08(金) 金沢vanvan V4
2016.07.09(土) 富山SOUL POWER
2016.07.10(日) 松本Alecx
2016.07.23(土) 水戸LIGHT HOUSE
2016.07.24(日) 宇都宮HEAVEN'S ROCK VJ-2
2016.07.30(土) 松山double-u studio
2016.07.31(日) 高松DIME
2016.08.05(金) 京都MUSE
2016.08.06(土) 岡山CRAZY MAMA 2nd Room
2016.08.07(日) 広島CAVE-BE
2016.08.26(金) 千葉LOOK
2016.08.27(土) 横浜F.A.D
2016.09.16(金) 神戸太陽と虎
2016.09.30(金) 仙台MACANA
2016.10.02(日) 盛岡the five
 
MELLOWSHiP “OVERKILL TOUR 2016” FINAL

2016.10.07 (金)福岡Queblick
2016.10.15 (土)名古屋APOLLO BASE
2016.10.21 (金)東京TSUTAYA O-Crest
2016.10.23 (日)大阪CLUB DROP -ONEMAN-

 

 

リリース情報
3rd MINI ALBUM “OVERKILL” ​

2016年6月8日リリース
 

 
シェア / 保存先を選択