風間俊介「遊戯王」に復活!「声優人生のすべてを込めた」


『劇場版 遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』(4月23日公開)の完成披露舞台挨拶が4月17日に有楽町朝日ホールで開催され、声優を務める風間俊介、津田健次郎、高橋広樹、竹内順子、林遣都、花澤香菜、日野聡、ケンドーコバヤシ、ジャングルポケット、桑原智監督が登壇。本シリーズに帰還した風間が「僕の声優人生のすべてを込めて演じた」と力強く語った。

本作はシリーズ開始20周年を記念し、原作者の高橋和希が製作総指揮を担当した初の長編劇場版。風間演じる武藤遊戯と、津田演じる海馬瀬人という伝説の名コンビが復活。原作のその後を舞台に、遊戯とライバルの海馬瀬人との物語がつづられる。

上映後の興奮冷めやらぬ観客の前に登場したキャスト陣。会場を見渡した風間は「『遊戯王』という作品は長い間愛されて、みなさんの愛も掛け算のように膨れ上がっていることと思います」とコメント。「ご褒美のような作品、楽しんでいただけましたか?」と語りかけると、会場から大きな拍手が沸き起こった。

津田は「まさか劇場版ができるとは思っていなかった。(高橋)先生の手による続きが劇場版で見られる、演じられるというのがうれしい」と口火を切り、「みなさんの拍手を聞いてグッときた」と感無量の面持ちを見せていた。

林は「小学生の頃からカードもやっていて、アニメも漫画も夢中になっていた。参加させていただいて幸せ」と「遊戯王」ファンであることを明かした。声優は初挑戦となったが、「風間さんに色々とアドバイスをいただいて、収録前も練習に付き合ってくださった」と風間に感謝しきり。「現場に行ったら子供の頃から見ていたレギュラーメンバーがみんないて。そこに混ざってやるとなったら、喉がキーンと閉まってしまい。本当に大変でした」とため息混じりに苦労を語ると、会場からも笑いが起こっていた。

風間は「初めての声優経験とは思えない」と林の演技を絶賛。続けて「みなさん知っていると思うんですが、僕の第1話はとんでもないことになっていますから。伝説になっています」と自虐コメントを放ち、会場も大爆笑。「それに比べたら遣都は素晴らしい声優!ずっとやり続けていたチームワークに入るとなると、戸惑いはあっただろうな」と林の労をねぎらっていた。【取材・文/成田おり枝】
 

MovieWalker
シェア / 保存先を選択