KNOCK OUT MONKEYツアー終幕「ライブハウスって最高だろ!」

KNOCK OUT MONKEY(撮影:橋本塁[SOUND SHOOTER])

KNOCK OUT MONKEY(撮影:橋本塁[SOUND SHOOTER])

KNOCK OUT MONKEYが昨日4月17日に大阪・堂島リバーフォーラムで全国ツアー「KNOCK OUT MONKEY TOUR 2016 "RAISE A FIST"」で千秋楽を迎えた。この記事では本ツアーのセミファイナルにあたる4月15日の東京・赤坂BLITZ公演の模様をレポートする。

赤坂BLITZ公演はパーティロックチューン「GOAL!」で幕開け。ハイテンションなナンバー「Paint it Out!!!!」では、w-shun(Vo, G)が「お客さん! いらっしゃい!」と呼びかけてから大サビへ突入し、リフトされていたファンが一斉にステージ方面へと雪崩れ込んでいった。

バンドはタイトに演奏しつつ、亜太(B)が軽快なステップを踏んだり、dEnkA(G)がタイガーマスクの覆面を被ってギターソロを弾いたり、ナオミチ(Dr)が豪快なアクションを織り交ぜてドラムをプレイしたりと、パワフルかつ自由なステージングを繰り広げていく。またw-shunは「realize」でCO2を噴射したり、続く「A live」でフロアに飛び込んだりして、ファンの興奮を誘った。

ライブ後半、「For the future」ではw-shunが「回れ回れ!」とサークルモッシュを誘発。さらに「ロックしようぜ!」と観客を煽り立てて場内の熱気を高めていく。そしてMCではw-shunが最新アルバム「RAISE A FIST」を制作した段階では不安な気持ちがあったことを伝えつつ、今回のツアーでライブを重ねていく中で、観客が拳を突き上げる姿を見たり、コミュニケーションを図ったりすることでポジティブな気持ちになれたことを語った。

その後バンドはアッパーチューン「Wonderful Life」や、ライブ定番曲「JET」を畳みかける。そしてラストナンバーの前にはw-shunが、「ライブハウスって向かう気持ちを1つにできるから最高だろ! 君の代わりは誰にもできないから、君の拳を上げてくれ! 最後まで一緒に遊んでください!」と熱いメッセージをファンにぶつけ、「Walk」を熱唱した。メンバーは全演目を終えたあと、笑顔でフロアを見渡しながらピックやドラムスティックを投げ、感謝を伝えてステージを去っていった。

KNOCK OUT MONKEY TOUR 2016 "RAISE A FIST"
2016年4月15日 赤坂BLITZ セットリスト

01. GOAL
02. HOPE
03. Paint it Out!!!!
04. TODAY
05. Flowers
06. Flight
07. Eyes
08. Gun shot
09. Gun shot2
10. Only
11. realize
12. A live
13. OH, NO
14. For the future
15. Primal
16. What's going on now
17. Wonderful Life
18. JET
19. Walk

音楽ナタリー
シェア / 保存先を選択