綾野ましろ 初ホール公演は純白の世界に染めあげて

SPICER
綾野ましろ

綾野ましろ

画像を全て表示(7件)

綾野ましろ One man Live 2016 ~growing wing~
2016.4.9 東京:日本橋三井ホール

白いサイリウムが輝きを放つ日本橋三井ホールのステージに、名前の通りのまっしろな衣装で姿を現した綾野ましろを満員の会場の歓声が迎える、彼女が立つ。それだけで会場の空気が華やぐ。舞台の真ん中に立った瞬間、マイクを構えた彼女の透明感に溢れ伸びやかな声が歌を紡ぎ、「Wingless Diver」が響きだす。アッパーながら美しいメロディが広がりを感じさせる1曲に、オーディエンスは「オイ!オイ!」と大きなチャントで熱を加える。ホールコンサートの様相を感じさせていた会場は、瞬時にライブハウスの熱狂へと姿を変えていた。そんなナンバーで幕を開けた綾野ましろ2度目のワンマンライブ。続く「focus light」も再び彼女の声から始まる1曲。故郷・北海道は札幌の『アオタガイ学園』のEDでもある曲は、広大な大地の力強さをも感じさせるパワーチューンだ。叩きつけるようなドラムと共に、透明な彼女ならではの強さを込めたボーカルが届けられる。勢いを止めることなくドラマティックな「vanilla sky」。アニメ「ガンスリンガーストラトス」のOPとしても馴染みの深い1曲は轟くビートに観客の歓声が重なって大きな音の塊となっていくのを感じる。

綾野ましろ

綾野ましろ

「今日は私自身、初めてのホールワンマンということで、こんなに沢山の人が集まってくれるなんて…。とってもとっても嬉しいです。会いたかったです!!」デビューから1年半。いまだピュアで初々しい挨拶を聞けば、ファンはみんな笑顔に。

綾野ましろ

綾野ましろ

「今日はこの日本橋三井ホールが、私たちの“居場所”です。なので1人1人思い残すことなく、みんなの熱と私の熱をぶつけ合いながら最後まで盛り上がっていきたいと思います!」と宣言する綾野。歌で繋がる人たちが、今、ここで熱をぶつけ合う。そんな言葉に続くのはエモーショナルなボーカルがパワーを放つ「TURN TO YOU」へ。彼女の歌声は歌詞の言葉の輪郭をくっきりとクリアにすると感じられる、まっすぐな言葉が印象的な1曲だ。続く「刹那クロニクル」は、彼女の原点を刻むコンセプトアルバム『early days』に収録されている1曲だ。プレ・デビュー曲でもあった本作で彼女の歌声に出会ったファンも多いのではないだろうか。

「今回ライブタイトルが“growing wing”ということで。もちろん私が羽ばたくという意味もあるんですけど、いつもこうやって集まってくれているみんなと一緒に羽ばたきたいな、という意味合いを込めて、タイトルをつけました」という彼女。今回は初のホールということで、ステージもこれまでより広く、観客も多く、ライブハウスよりも距離があるようにも感じるけれど、最後には汗をいっぱいかくほど盛り上がりたい、と告げると、大歓声が彼女の想いに応え、その声に嬉しさを隠さず笑みを浮かべる綾野。

ライブの開始から疾走感と勢い、そして力強さを感じさせてきたこのステージだったが、続く「燐光」はしっとりと歌い上げられていく。さらに感情を丁寧に織り込み歌に乗せるような印象を与える「re:rain」のメロディは心の琴線に触れる旋律を持つ1曲。冒頭からのセットリストが動であるなら、ここでは彼女の静の部分を感じさせた。しかし浸らせないのも彼女の音楽。疾走しながらもサビ前ではどこか切なさの滲む「RAY OF LIGHT」では会場の熱を再びアゲていく。満を持してライブで初披露となったこの曲に会場はヒートアップ。その様子を目にする綾野自身も呼応するように歌声に力が漲っていくのを感じさせた。

綾野ましろ

綾野ましろ

「ファーストワンマンライブから半年経ちました。ファーストに来てくれた人も、その後色んなイベントを経て出会ってくれてここに集まってくれたみんなも、すごくすごく会いたかったです。半年、色んなイベントに出させてもらって、自分なりに吸収してきたこともあれば、まだまだだなぁと感じることもいっぱいありましたが、その中でファースト終わって半年後には次のワンマンをやることが決まっていたので、(ファーストワンマンが)終わった瞬間から心の準備は切り替わっていて。会場も大きくなるということでドキドキ思っていたんですが、そんな中、『early days』をリリースさせて頂きました!」

綾野ましろ

綾野ましろ

シングル曲、そしてコンセプトアルバムである『early days』の曲を余すことなく聴かせていくこのライブ。彼女の言葉にもあったようにワンマンを終えてからひたすらこの日を意識して邁進してきただけに、楽曲に対しても、ライブへの気合いもひとしお。だからなのだろう。ライブならではのハプニング。続く曲を紹介するときだった。「後半戦となります」と語気を強めて曲紹介をする綾野。しかしその時、彼女の背中を預かるバンドのメンバーたちが不思議な表情をする。先の曲を紹介してしまったのだ。一瞬、シーンと静まり返るステージ。アッ!と驚いた顔をする綾野。ライブだからこそのハプニングとあって、オーディエンスは大喜びだ。

「せっかくコンセプトアルバムのお話もさせて頂いたので、わたしの故郷・北海道の冬から春に移り変わる情景を歌わせて頂きたいと思います」

 慌てながらも軌道修正し、会場の空気を作り変えたところで『early days』に収録され、彼女にとっても思い入れの深い「春想の街」が響く。柔らかな鍵盤の音色と大地の鼓動のようなドラムのビート、優しく響くギターとベースとで作り上げていくのは彼女の育った洞爺湖が白い冬から暖かな春へと移り行く景色。歌い上げる彼女の表情も、懐かしき場所へ想いを馳せるよう。そんな想いを受け止めるように緩やかに揺れるサイリウムの光が会場を春の輝きへと連れて行く。

綾野ましろ

綾野ましろ

改めて先ほどの煽りがあり、ライブは後半戦へ突入。アッパーに攻め立てる後半戦は玉置成実の「Believe」のカバー。煌めくサウンドが躍動する中で疾走するボーカル。配信限定でリリースもされているこのカバーに、会場の熱は上昇し、熱いチャントが白熱のボーカルを迎える。さらに「infinity beyond」ではホールであることを失念するほどの歓声で音がかき消されそうなほど。大人が集う街のホールはいつしか激しく揺れ、街そのものをも震わせてしまうのではと錯覚してしまう。そしてライブは本編最後の曲「ideal white」へ。ファンにとっては共に歩んできたデビューシングル。ハイトーンなボーカルが放たれると白いサイリウムの光も勢いを増したように感じる。ステージとフロアが一体となるこの感覚はきっと、歌い上げる綾野自身も強く感じていることだろう。なぜなら彼女は最後に何度も何度もこう言ったのだから。「ありがとうございました!最高でした!」

主役が去ったステージに向けてアンコールの声が降り注ぐ。割れんばかりの声の中、再び登場した綾野がここでゲストを招き入れるが、そのゲストはまさにオーディエンスにとってサプライズ!現れたのは玉置成実だったのだ。綾野が初めて買ったのが本編でカバーを披露した玉城の「Believe」であったというほど綾野の音楽と深く結び付く先輩の登場に湧く三井ホール。

綾野ましろ

綾野ましろ

「「Believe」を素敵に歌って下さって。当時の自分に“こんなに素敵にカバーしてもらってるよ!”と教えてあげたいな、というくらい」とそのカバーを評した玉城と共に、さらなる玉城のヒットソング「Reason」のカバーでコラボした2人。さらに綾野の「ハーフムーンフラワー」も共に歌う、という豪華共演で魅せる。ラストは華やぎある「pledge of stars」を会場のオーディエンスと共に歌い上げ、セカンドワンマンの東京公演は幕を閉じた。次のライブは自身の誕生日である4月23日に、地元北海道・cube gardenで開催されるが、そこではまたさらなる進化を見せる予兆を感じさせる内容だった。

レポート・文=えびさわなち

ライブ情報
綾野ましろ One man Live 2016 ~growing wing~ 

2016年4月23日(土)北海道 cube garden
 

 

シェア / 保存先を選択