柴田隆弘を選出 日本舞台美術家協会「2015年度伊藤熹朔賞」発表

ニュース
2016.4.26
日本舞台美術家協会HPより(SPICE編集部責任による画像掲載)

日本舞台美術家協会HPより(SPICE編集部責任による画像掲載)


日本舞台美術家協会は20日、舞台装置や衣裳、照明など舞台美術で顕著な功績のあった人物を顕彰する「2015年度伊藤熹朔賞」の各受賞者を発表。本賞に「麦ふみクーツェ」の舞台装置を手掛けた柴田隆弘氏を選出した。授賞式・受賞祝賀会は5月17日(火)に俳優座劇場(港区六本木)で行われる。

関連リンク⇒ 2015年度伊藤熹朔賞(※受賞作品の舞台写真あり)

伊藤熹朔賞は、舞台美術家・伊藤熹朔氏[1899-1967]の功績を讃え1967年に「熹朔の会」によって設立された。当初は舞台芸術をはじめとする各芸術分野を受賞の対象としていたが、1973年から「日本舞台美術家協会」が舞台美術専門の賞として引き継いだ。

「2015年度伊藤熹朔賞」一覧(敬称略)

■本賞:柴田隆弘
【 つながる音楽劇「麦ふみクーツェ」】装置に対して
演出:ウォーリー木下 上演団体:シアターBRAVA!
劇場:世田谷パブリックシアター[2015/4/10-19]・シアターBRAVA![2015/4/23-26]

■新人賞:長峰麻貴
【おばけリンゴ】装置に対して
演出:橋本昭博 石内詠子 上演団体:演劇プロデュースユニット Moratorium Pants
劇場:新宿シアターミラクル[2015/10/1-18]

■奨励賞:大島広子
【ユビュ王】美術に対して
演出:小川絵梨子 上演団体:まつもと市民芸術館 TCアルプ プロジェクト
劇場:まつもと市民芸術館 小ホール[2015/2/18-22]・上田市交流文化芸術センター 大スタジオ[2015/2/28・3/1]

■特別賞:村田正博(有限会社C-COM舞台装置代表)
長年にわたる舞台美術製作の支援に対して

 

日本舞台美術家協会「2015年度伊藤熹朔賞」制作ニュースで公開された投稿です。

舞台制作PLUS+
シェア / 保存先を選択