花組芝居、堀越涼主宰演劇ユニット「あやめ十八番」5月末に再演・新作を交互上演!

デザイン:吉田能(花掘レ)

デザイン:吉田能(花掘レ)


花組芝居 堀越涼が主宰する演劇ユニットあやめ十八番が、初の再演「江戸系 諏訪御寮」と新作「ゲイシャパラソル」を5月27日から6月5日まで、サンモールスタジオで交互に上演する。

あやめ十八番(アヤメジュウハチバン)は2012年に旗揚げした俳優・堀越涼主宰の演劇ユニット。近年では第三回、第四回クォータースターコンテストにて2年連続、優秀作品賞を受賞を獲得、旗揚げ2年で公演動員数1000人を達成するなど注目される団体の一つだ。

「江戸系 紅千鳥」(第3回クォータースターコンテスト 優秀作品賞 受賞作品)
「江戸系 猿踊」(第4回クォータースターコンテスト 優秀作品賞 受賞作品)

そんなあやめ十八番の次回本公演は、再演・新作の二本立てを交互に上演するという団体として初の試みの企画である。

1作品目は2014年に上演され、「CoRich舞台芸術まつり2014春!」でも最終10作品に選出した、代表作「江戸系 諏訪御寮」。古くからのしきたりが残る、現代のある島を舞台にした騒動を描く。

2作品目は、新作「ゲイシャパラソル」。時は平成60年、深川芸者、仇吉は“花柳界の宝”と称されていた。激動の時代に祭り上げられた、一人の芸者と名もなき男の物語。

“再演に耐え得るだけの強度をもった”作品作りを心掛けてきた、あやめ十八番初の再演作品「江戸系 諏訪御寮」と、新たな代表作となる「ゲイシャパラソル」。
2016年5月27日より、新宿御苑前 サンモールスタジオにて上演される。

「江戸系 諏訪御寮」初演時のダイジェスト動画
 
STORY
****「江戸系 諏訪御寮」****

舞台は現代、十六島。
古くからのしきたりが色濃く残るこの島では、今なお鬼の気配が近い。
この島の旧家・諏訪の女は“拝み屋”と呼ばれ、鬼の力を借りた霊力を持つと信じられていた。
人々の信仰心を逆手に取り、百年もの長きにわたり島を統治する諏訪の家。
しかし、この家の刀自“御寮さん”には門外不出の秘密があった。
一人の青年の恋が、拝み屋に纏わる秘密を浮き彫りにしていく・・・
小さな島で巻き起こる、鬼の騒動、一部始終。

****「ゲイシャパラソル」****

時は平成60年、まだ見ぬ先の話である。
深川芸者、柳屋・仇吉(あだきち)は若くして“花柳界の宝”と称されていた。
彼女は、その美貌や芸で名を売ったわけではない。ただ一点、その“本名”ゆえに花街の宝となった。何故、人々は彼女を讃えたのか?
人気絶頂の中、何故、彼女は姿を消したのか?
路地裏の野良猫だけが知っている。
激動の時代に祭り上げられてしまった一人の芸者と、名もなき男の物語。

あやめ十八番とは

花組芝居俳優、堀越涼が2012年に旗揚げ。歌舞伎や能、浄瑠璃といった日本の古典芸能を基礎とし、日本人的な感覚や美意識を取り入れた作品作りを行っている。歌舞伎の下座音楽や落語の囃子のように、劇中劇をすべて生演奏で行うことも特徴のひとつとなっている。

〈構成員〉
堀越涼、大森茉利子、金子侑加、笹木皓太

詳しくは公式サイトで。
あやめ十八番 第六回公演「江戸系 諏訪御寮」「ゲイシャパラソル」 公式サイト

(文:エントレ編集部)


公演情報
2016年5月27日(金)~6月5日(日)
東京都 サンモールスタジオ

脚本・演出:堀越涼
出演:大森茉利子、金子侑加、笹木皓太、堀越涼、北沢洋、熊野善啓 / (以下「江戸系 諏訪御寮」のみ)美斉津恵友、加藤素子、中島美紀、土佐まりな、原川紗弓、ミヤタユーヤ、加藤唯 / (以下「ゲイシャパラソル」のみ)和知龍範、塩口量平、木原実優、小口ふみか、田口真太朗、安東信助、石田迪子、森川陽月
音楽:丸川敬之、吉田悠、新内勝喜、十倉彩子、森村典子

詳細は公式サイトで。
あやめ十八番 第六回公演「江戸系 諏訪御寮」「ゲイシャパラソル」 公式サイト

エントレ
シェア / 保存先を選択