K・キェシロフスキ特集にトリコロール3部作や『ふたりのベロニカ』など10作

ニュース
2016.5.9
©1993 MK2 Productions / CED Productions / FR3 Films Productions / Studio Tor,©1993 MK2 Productions / France 3 Cinema  / CAB Productions / Film Studio Tor, ©1994 MK2 Productions / France 3 cinema / CAB Productions / Film studio TOR

©1993 MK2 Productions / CED Productions / FR3 Films Productions / Studio Tor,©1993 MK2 Productions / France 3 Cinema / CAB Productions / Film Studio Tor, ©1994 MK2 Productions / France 3 cinema / CAB Productions / Film studio TOR

『クシシュトフ・キェシロフスキ没後20年記念 特別上映』が、7月9日から東京・渋谷のBunkamuraル・シネマで開催される。

ポーランド出身のクシシュトフ・キェシロフスキは、1970年代から本格的に映画監督としてのキャリアをスタートさせ、1979年に『アマチュア』で『第11回モスクワ国際映画祭』金賞を受賞。1990年代にはジュリエット・ビノシュ、ジュリー・デルピー、イレーヌ・ジャコブがそれぞれ出演した「トリコロール3部作」を発表した。ダンテの『神曲』をモチーフにした3部作の制作に取り組んでいた1996年に心臓発作のため54歳で逝去した。

キェシロフスキの没後20年を記念した今回の特集上映では、トリコロール3部作に加え、『第41回カンヌ国際映画祭』で審査員賞と国際映画批評家連盟賞を受賞した『殺人に関する短いフィルム』、『第44回カンヌ国際映画祭』で映画批評家連盟賞を受賞したほか、主演のイレーヌ・ジャコブが女優賞を受賞した『ふたりのベロニカ』など全10作品を35ミリフィルムで上映。会期中にはゲストによるトークイベントも予定されている。詳細はBunkamuraル・シネマのオフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

『クシシュトフ・キェシロフスキ没後20年記念 特別上映』

2016年7月9日(土)~7月22日(金)
会場:東京都 渋谷 Bunkamuraル・シネマ

上映作品:
『トリコロール/青の愛』(監督:クシシュトフ・キェシロフスキ)
『トリコロール/白の愛』(監督:クシシュトフ・キェシロフスキ)
『トリコロール/赤の愛』(監督:クシシュトフ・キェシロフスキ)
『ふたりのベロニカ』(監督:クシシュトフ・キェシロフスキ)
『愛に関する短いフィルム』(監督:クシシュトフ・キェシロフスキ)
『殺人に関する短いフィルム』(監督:クシシュトフ・キェシロフスキ)
『終わりなし』(監督:クシシュトフ・キェシロフスキ)
『偶然』(監督:クシシュトフ・キェシロフスキ)
『アマチュア』(監督:クシシュトフ・キェシロフスキ)
『傷跡』(監督:クシシュトフ・キェシロフスキ)
料金:1,500円 リピーター・学生1,200円

CINRA.NET
シェア / 保存先を選択