【動画7分】川端康成の異色作を歌劇に! オペラ「眠れる美女」記者発表会レポート

オペラ「眠れる美女」記者発表会より  

オペラ「眠れる美女」記者発表会より  


2009年にベルギーで初演された川端康成原作のオペラ「眠れる美女」が、今年12月に長塚京三、原田美枝子らの出演で日本初演される。

「眠れる美女」は川端康成の全5章からなる中編小説。年老いた男性が、薬で眠らされた若い女性の暖かい体に寄り添い一夜過ごすことができる奇妙で はかない物語。

2009年にベルギー王立モネ劇場で初演されたオペラが、12月に上野・東京文化会館で上演される。

5月10日に記者発表会が行われ、出演の長塚京三、原田美枝子らが出席、演出のギー・カシアスと作曲のクリス・デフォートによるビデオメッセージが披露された。また、Skypeによる中継でダンサーの伊藤郁女もコメントした。

以下はこれを収録したもの。【動画7分】


 
演出のギー・カシアス

演出のギー・カシアス

作曲のクリス・デフォート

作曲のクリス・デフォート

出演の長塚京三、原田美枝子

出演の長塚京三、原田美枝子

ダンサーの伊藤郁女

ダンサーの伊藤郁女

オペラの歌の部分は英語で行うが、老人を演じる長塚京三と、館の女主人を演じる原田美枝子だけは日本語で会話するというのが、今決まっている構成とのことだった。

振付は日本では森山未來と「テヅカ TeZukA」「プルートゥ PLUTO」などの作品を手掛けたシディ・ラルビ・シェルカウイ。

また、管弦楽は東京芸術大学の学生が担当するという事で、一味違うオペラ作品に出会う事が出来そうだ。

詳しくは公式サイトで。
オペラ「眠れる美女」 公式サイト

(撮影・編集・文:森脇孝/エントレ)

 


公演情報
オペラ「眠れる美女」

 
【原作】川端康成
【作曲】クリス・デフォート
【台本】ギー・カシアス/クリス・デフォート/マリアンヌ・フォン・ケルホーフェン
【指揮】パトリック・ダヴァン
【演出】ギー・カシアス
【振付】シディ・ラルビ・シェルカウイ

 
【出演】
老人(バリトン):オマール・エイブライム
女(ソプラノ):カトリン・バルツ
老人(俳優):長塚京三
館の女主人(俳優):原田美枝子
眠れる美女(ダンサー):伊藤郁女
眠れる美女たち(女声コーラス):原 千裕、林ようこ、吉村 恵、塩崎めぐみ

 
【日時】2016年12月10日(土)・11日(日)15:00開演
【会場】東京文化会館 大ホール
詳細は公式サイトで。
オペラ「眠れる美女」 公式サイト
エントレ
シェア / 保存先を選択