古屋兎丸書き下ろしTシャツ販売~東京ゲゲゲイ、DAZZLE、加藤諒らの「* ASTERISK」会場で

SPICER
古屋兎丸 書き下ろしイラスト

古屋兎丸 書き下ろしイラスト

日本最高クラスのパフォーマーたちが一堂に介し、2013年5月に本邦初の“ストリートダンス舞台”を上演して成功を収めた「* ASTERISK」。その後、毎年新作を発表。2015年にはテーマソングを加藤ミリヤが書下ろし、総合演出・構成・振付・脚本を「東京ゲゲゲイ」の牧宗孝が手がけた『* ASTERISK〜女神の光〜』が全公演ソールドアウトとなる盛況を呈した。そして2016年は来たる5月27日より新作『「Goodbye, Snow White」新訳・白雪姫』が上演される。

今回はグリム童話の『白雪姫』をベースに作家中村うさぎが書き下ろし、牧宗孝の演出によりダンス作品として甦る。

主演・演出・振付を手掛ける牧宗孝は、ダンスカンパニー「東京ゲゲゲイ」の主宰であり、MISIA、加藤ミリヤ、BoAら人気アーティストたちの振付も担当。昨年2015年12月に、渋谷AiiA theaterで上演された残酷歌劇「ライチ☆光クラブ」では、演出家・河原雅彦の依頼によりパフォーマンス演出を手掛け、原作者の古屋兎丸にも絶賛された。さらに、2016年、元旦のバラエティ番組『初詣!爆笑ヒットパレード』にて生放送で「東京ゲゲゲイ」としてパフォーマンスを披露、ナインティナインの岡村隆史に「今年ブレイクまちがいなしの注目アーティスト」として紹介された。さらに、「東京ゲゲゲイ」は、第10回日本ダンスフォーラム賞を森山未來と共に受賞、ストリートダンス界からは初受賞となった。

今回の出演者は、牧宗孝率いる・東京ゲゲゲイと、DAZZLE。DAZZLEは、ダンスエンターテイメントの日本一を決める「Legend Tokyo」で優勝し、国内のみならず海外でも評価が高い。人間国宝の坂東玉三郎が、DAZZLEのパフォーマンスに衝撃を受け、ダンス作品の初演出を手がけたことも話題になった。

他には、日本屈指のポールダンサー・KUMI、アクロバティックな新体操にダンスを融合させた青森発祥のプロユニット・BLUE TOKYO、安室奈美恵、倖田來未ら多くのアーティストの振付・ダンサーとしても活躍しているNANAKO、きゃりーぱみゅぱみゅのほとんどの曲を振りつけていることでも有名なMAIKO。そして新たに、昨年残酷歌劇「ライチ☆光クラブ」でもMIKEYのパフォーマンス演出を見事に体現し、バラエティなどでもダンスの才能を発揮している、加藤諒の出演も決定している。

さらなるニュースとしては、「ライチ☆光クラブ」の漫画家・古屋兎丸氏の書下ろしデザインTシャツの販売が決定した。書き下ろしのイラストでは、古屋氏が東京ゲゲゲイのメンバーを描いている。

 
公演情報
「*ASTERISK『Goodbye, Snow White』新釈・白雪姫」

■日程:2016年5月27日(金)~ 29日(日)
■会場:東京国際フォーラム ホールC
■原作書き下ろし:中村うさぎ
■主演・演出・振付:牧宗孝(MIKEY from 東京ゲゲゲイ)
■出演:
東京ゲゲゲイ(牧宗孝/YUYU/BOW/MARIE/MIKU)
DAZZLE
KUMI/REIKO/NANAKO/MAIKO
KITE/BLUE TOKYO/福澤侑/TUKIとKUMA
バニラグロテスク/PYON BOY(RYUSIN/KENSHO)
加藤諒

■公式サイト:http://asterisk-web.net/

 

シェア / 保存先を選択