六甲高山植物園で高山植物の女王「コマクサ」が見頃

ニュース
2016.5.19
コマクサ

コマクサ

関西名山の一つ六甲山にある「六甲高山植物園」では、高山植物の女王「コマクサ」が見頃を迎えている。六甲高山植物園のシンボルマークにもなっている「コマクサ」は、高山植物の女王と称される象徴的な花。 今年は暖かい気温が続いたため、例年よりも1週間早く開花した。

「コマクサ」は、どことなく花が「子馬の顔」に似ているところからその名がついた。常に砂礫が動き、他の植物が生育できないような厳しい環境に育つ高山植物で、高山地帯に行かなければなかなか見ることのできない貴重な花。

 

営業情報
六甲高山植物園

【開園期間】3月19日(土)~11月23日(水・祝)
【休園日】9月1日(木)、 8日(木)
【開園時間】10:00~17:00(16:30受付終了)
【入園料】大人(中学生以上)620円/小人(4歳~小学生)310円/シニア(65歳以上)520円
【URL】 http://www.rokkosan.com/hana/
シェア / 保存先を選択