『VIVA LA ROCK 2016』オフィシャル・クイックレポート Yogee New Waves

SPICER
Yogee New Waves

Yogee New Waves

画像を全て表示(5件)

『VIVA LA ROCK 2016』2016.5.28 さいたまスーパーアリーナ
CAVE STAGE Yogee New Waves 

今年も最注目の若手たちがしのぎを削るVIVA LA ROCKの最深部=CAVE STAGE。縦長だったレイアウトが今年から横長に変わっていて、オーディエンスがステージを取り囲む、より臨場感のある会場になったような印象を受ける。最初に登場するのは、昨年は野外のGARDEN STAGEに出演していたYogee New Waves。「シティポップの旗手」という枠を超え、さらなる飛躍を目指すバンドの姿を一目見ようと、朝一にもかかわらず多くのオーディエンスが駆けつけた。

Yogee New Waves

Yogee New Waves


「確実に言えるのは、今日ここにいる人たちは大変趣味がいい。誇りに思っていいよ」という角舘健悟の言葉から、一曲目は「Like Sixteen Candles」。午前中の爽やかな空気にぴったりの曲調が、サビになると一気にテンポを増し、間奏ではサイケデリックにバーストするというプログレッシヴな展開が見事。続く軽快な「Good Bye」に対しては、腕を振り上げて盛り上がるものがいれば、軽く体を揺らすものもいたり、代表曲のひとつ「Climax Night」では、ラララのコーラスを思い思いに口ずさんでいたりと、オーディエンスの楽しみ方も実に様々。いい雰囲気だ。

Yogee New Waves

Yogee New Waves

Yogee New Waves

Yogee New Waves


MCでは同時間帯の他のステージに触れて、「「ないものねだり」とか「オドループ」とか、俺らも四つ打ちの曲が欲しい」と笑って話しつつ、「でも、今日のCAVE STAGEは面白いから、ずっとこの場所にいようよ」と呼びかける。ここでサポートのキーボードを迎え入れると、続いて「Megumi no Amen」へ。レゲエをベースとしたグルーヴィーな演奏がジワジワと熱を帯びていき、角舘のヴォーカルもさらにエモーショナルになってきた。

Yogee New Waves

Yogee New Waves


「あと2曲やって帰ります。早いね。楽しいからだな」と言って、披露されたのは「Fantasic Show」。そう、ヨギーにもBPM速めのディスコティックな四つ打ちナンバーがちゃんとあるのだ。ロマンティックな楽曲ももちろんいいが、ライヴだと音源以上にエネルギッシュなのはヨギーの大きな魅力。ラストの「Dreamin’ Boy」ではロックンロールバンドか、あるいはパンクバンドかというようなアグレッシヴな演奏とシャウトで、CAVE STAGEの幕開けを華々しく飾った。


撮影=釘野孝宏 レポート・文=金子厚武

セットリスト
『VIVA LA ROCK 2016』2016.5.28 さいたまスーパーアリーナ
CAVE STAGE Yogee New Waves


1. Like Sixteen Candles
2. Good Bye
3. Climax Night
4. Megumi no Amen
5. Fantastic Show
6. Dreamin’ Boy
シェア / 保存先を選択