『VIVA LA ROCK 2016』オフィシャル・クイックレポート BLUE ENCOUNT

レポート
2016.5.28
BLUE ENCOUNT 撮影=古渓一道 

BLUE ENCOUNT 撮影=古渓一道 

画像を全て表示(5件)

VIVA LA ROCK 2016 2016.5.28 さいたまスーパーアリーナ
VIVA! STAGE BLUE ENCOUNT

去年、CAVE STAGEのステージ上で、田邊駿一(Vo&G)は胸の内を一気に吐き出した。自分たちはもっと大きいステージに立ちたかった、過小評価されて悔しかった、と。そして、最後にこう誓った。「みんなを次のステージに連れて行こうと思いました!」ここで指す「次のステージ」には様々な意味が込められていたと思う。しかし、そのうちのひとつを今日、達成した。――VIVA! STAGE昇格である。その喜びはリハの時点で伝わってきた。観客と気軽に言葉を交わしたり、早くもステージにはポジティブな雰囲気が漂っている。だからといって彼らはこれで満足はしていないだろう。更なる高みを目指して駆け上がるべく、“JUST AWAKE”でライブをスタートさせた。

BLUE ENCOUNT 撮影=古渓一道

BLUE ENCOUNT 撮影=古渓一道

勢い余って足がもつれて転がってくような魂のほとばしりが印象的だったのは去年のステージ。あれから1年が経ち、4人は大きく成長を遂げたようだ。大きなフロア全体を包み込むような温かさがあり、見ていてなんだか心地が良い。もちろん、演奏はエッジが立っていて、耳が痛くなるほどやんちゃな音作りをしているのだが。

BLUE ENCOUNT 撮影=古渓一道

BLUE ENCOUNT 撮影=古渓一道

「ヤバいなぁ、超ヤバいなぁ。もうね、この景色をずっと見たかった! めっちゃいいじゃんよぉ! 本当にうれしい! 今、(みんなが)ここにいる理由はなんでもいいです。でも、ここにいる間は後悔させません!」と歓喜と自信の入り混じった田邊のMCのあと、来月発表の新曲“だいじょうぶ”をプレイ。パンキッシュな2ビートの爆走チューンだが、田邊の歌が、言葉が、優しく耳朶を打つ。

BLUE ENCOUNT 撮影=古渓一道

BLUE ENCOUNT 撮影=古渓一道

BLUE ENCOUNT 撮影=古渓一道

BLUE ENCOUNT 撮影=古渓一道

それ以降はひたすら曲の連打。MCなんていらない。ただただ歌っていたい、演奏していたい。そんな思いが次々と叩き込まれる曲達に込められているように思えた。もう去年の悔しさはない、怒りもない。“DAY×DAY”をプレイする前に田邊は言った。「『なんか知らねぇけど楽しい』でいいんだよ!」と。そして、最後の“もっと光を”の前にはさらにこう言った。「ステージのでかさなんてどうでもいい。おまえらの前でおまえらの目を見ながら歌えればそれでいいよ」と。一回り大きくなった4人の名演に、観客は大合唱で応えたのだった。


撮影=古渓一道 レポート・文=阿刀“DA”大志

セットリスト
VIVA LA ROCK 2016 2016.5.28 さいたまスーパーアリーナ
VIVA! STAGE BLUE ENCOUNT
 

1. JUST AWAKE
2. ロストジンクス
3. だいじょうぶ
4. LIVER
5. THANKS 
6. DAY×DAY  
7. もっと光を

 

シェア / 保存先を選択