『VIVA LA ROCK 2016』オフィシャル・クイックレポート Awesome City Club

SPICER
Awesome City Club

Awesome City Club

画像を全て表示(6件)

『VIVA LA ROCK 2016』2016.5.28 さいたまスーパーアリーナ
CAVE STAGE Awesome City Club

昨年に引き続いてのCAVE STAGE出場となるAwesome City Club。ここまででは最大の集客を見せ、フロアは奥までぎっしりと人で埋まっている。いつものようにTHE FLAMING LIPSの“Race Fir The Prize”が流れ、メンバーが一人ひとり姿を現すと、もうそこは架空の国=オーサムシティ。atagiの印象的な弾き語りからスタートした“Lesson”のチルウェイヴなシンセがオーディエンスを「ここではないどこか」へと連れ去っていく。“4月のマーチ”で早速キュートな魅力を振りまいたPORINも、いつになくハイテンションだ。

Awesome City Club

Awesome City Club


Awesome City Club

Awesome City Club

「2年目ありがとうございます。明らかに去年より人が多くなってる!」と嬉しそうに話したatagiは、ストリングスが印象的な新曲の“Don’t Think, Feel”でハンドマイクになってオーディエンスを煽り、続くもうひとつの新曲“Vampire”では今度はPORINがハンドマイクでピョンピョン飛び跳ねる。フロントの2人が競り合うように派手めのパフォーマンスを繰り広げることで、バンドの求心力やフィジカルも確実に上がってきている。

Awesome City Club

Awesome City Club


Awesome City Club

Awesome City Club

特にPORINの成長は大きく、「みんなともっとつながりたい!」とさらなる手拍子を求めて始まった“アウトサイダー”ではオーディエンスをリードし、見事会場中が一体となって手を振るなど、実に頼もしい姿を見せていた。また、Ovall人脈との絡みによって楽曲のプロダクション自体も向上していて、ブラックミュージックのグルーヴを下世話にならずにJ-POPへと昇華する手腕にも磨きがかかってきているようだ。

Awesome City Club

Awesome City Club

オーディエンスの熱狂的なリアクションに対し、「凄いね。俺ら人気者っぽいね。来年もうちょっと大きなステージでやれそうな気がしませんか?」「眼鏡新しくしたから、後ろの方で手がにょきにょき伸びてるのも見える。ホント嬉しい」とatagiが充実した表情で語ると、最後の“涙の上海ナイト”はイントロですぐに歓声が上がり、「トン・ナン・シャー・ペー」のコール&レスポンスもばっちり。終演後のフロアで起こったどよめきのような歓声が、この日の手応えを確かに物語っていた。


撮影=Viola Kam (V'z Twinkle)  レポート・文=金子厚武

セットリスト
『VIVA LA ROCK 2016』2016.5.28 さいたまスーパーアリーナ
CAVE STAGE  Awesome City Club
 
1.Lesson
2.4月のマーチ
3.Don’t Think, Feel
4.Vampire
5.アウトサイダー
6.涙の上海ナイト

 

シェア / 保存先を選択