ORANGE RANGE、15周年記念アルバムで高橋幸宏とコラボ

ORANGE RANGE

ORANGE RANGE

ORANGE RANGEが7月20日にリリースするコラボベストアルバム「縁盤」の12曲目が、高橋幸宏がゲスト参加した「ウトゥルサヌ」の再録バージョンになることが明らかになった。

「縁盤」はORANGE RANGEの結成15周年を記念して企画された、メンバーとゆかりのあるゲストが参加する15曲入りのコラボアルバム。「ウトゥルサヌ」はORANGE RANGEが2010年に主宰レーベル・SUPER ECHO LABELを立ち上げて最初に発表した楽曲で、リーダー・NAOTOが子供の頃に聴いていた1980年代のテクノポップをコンセプトに制作された。

今回新たにレコーディングされた「ウトゥルサヌ」は、オリジナルでは打ち込みだったドラムを高橋幸宏の演奏する生ドラムに差し変えたもの。加えて、今作の収録曲「Иatural Pop」「Walk on」にも参加している沖縄在住の女性2人組ユニット、リュウグウノツカイがコーラスを担当している。

音楽ナタリー
シェア / 保存先を選択