FOALSの新曲MVは球状バーチャル・リアリティ・テクノロジーで撮影、360°から視聴可能!

SPICER+

画像を全て表示(2件)

現代UKロック・シーンにおいて最重要バンドの一つ=フォールズ(FOALS)。

前作『ホーリー・ファイア』で、Bestival、Latitude、Parklife等のフェスのヘッドライナーを務め、Q Awardsのベスト・ライヴ・アクト、そしてNME Awardsではベスト・シングルを受賞し、オクスフォードのカレッジ・バンドから、イギリスを代表するロック・バンドへと成長したFOALSが、9月16日に発売となる通算4作目のニュー・アルバム『ホワット・ウェント・ダウン』より、新たな試みとなる「マウンテン・アット・マイ・ゲーツ」のインタラクティブ・ミュージック・ビデオを公開した。

楽曲の公開以来、NMEやPitchforkといった有力音楽メディアからも大絶賛を受けている新曲「マウンテン・アット・マイ・ゲーツ」。今作は、カニエ・ウェストやアークティック・モンキーズ、フランク・オーシャン等の作品を手がけたことで知られるNabilが監督を務めており、全編に渡りGoProの球状バーチャル・リアリティ・テクノロジーを用いて撮影された初のミュージック・ビデオである。Google ChromeブラウザもしくはYouTubeモバイルアプリからアクセスし、画面上のコントロールボタン、マウス、キーボードの「A」「W」「S」「D」キーで前後左右にドラッグすることで、あらゆる視点から彼らのパフォーマンスを視聴することができる。

ちなみに角度によっては、同じ人間が3人同時に映っていたりといった面白い映像も見ることが可能。


なお、ニュー・アルバム『ホワット・ウェント・ダウン』のプロデュースを手掛けたのは、アークティック・モンキーズ、フローレンス&ザ・マシーン、マムフォード&サンズ等を手掛けたジェイムス・フォード。彼と一緒にフォールズは、南フランスの田舎にある19世紀の水車小屋でレコーディングを行い、結果完成された今作で、原始的な衝動や強烈さで、時には狂気の淵に触れたりしながら、バンド史上最も美しいポップ・ソングを披露している。

先立って公開されたタイトル・トラック「ホワット・ウェント・ダウン」のミュージック・ビデオは、すでに約150万回のYouTube再生回数を記録。日本盤はDVD付き初回限定盤と通常盤の二形態でリリースされる。また、iTunes Storeでは、アルバムの予約注文(プレオーダー)の受付もスタート。いま予約すると、「マウンテン・アット・マイ・ゲーツ」と「ホワット・ウェント・ダウン」の2曲がその場でダウンロードできる。

リリース情報
WHAT WENT DOWN​』 FOALS
 
『WHAT WENT DOWN』

『WHAT WENT DOWN』


2015年9月16日発売
DVD付き初回限定盤:WPZR-30685/6, ¥2,980(本体)+税
通常盤:WPCR-16757, ¥2,457(本体)+税
収録曲:
1. ホワット・ウェント・ダウン
2. マウンテン・アット・マイ・ゲーツ
3. バーチ・トゥリー
4. ギヴ・イット・オール
5. アルバトロス
6. スネイク・オイル
7. ナイト・スウィマーズ
8. ロンドン・サンダー
9. ロンリー・ハンター
10. ア・ナイフ・イン・ザ・オーシャン
*DVD収録内容未定

 

 

シェア / 保存先を選択