「母子像の画家」メアリー・カサット回顧展、日本初公開作など約100点

 『桟敷席にて』ボストン美術館蔵 The Hayden Collection―Charles Henry Hayden Fund, 10.35. Photography ©2015 Museum of Fine Arts, Boston

『桟敷席にて』ボストン美術館蔵 The Hayden Collection―Charles Henry Hayden Fund, 10.35. Photography ©2015 Museum of Fine Arts, Boston

『メアリー・カサット展』が、6月25日から神奈川・横浜美術館、9月27日から京都・京都国立近代美術館で開催される。

1844年にアメリカ・ペンシルベニアで生まれたメアリー・カサットは画家を志して1866年に渡仏。エドガー・ドガやベルト・モリゾらと交流し、パリで暮らすブルジョワジーの女性や母子像などをテーマに印象派展などで作品を発表した。

日本での回顧展としては約35年ぶりとなる同展では、初期から晩年までのカサットの画業を紹介。展示作品は、「母子像の画家」と呼ばれたカサットが最初期に手掛けたとされる『眠たい子どもを沐浴させる母親』や日本初公開の油彩画『桟敷席にて』に加えて、パステル画や版画、さらにドガやモリゾなど交流のあった画家たちの作品、カサットが影響を受けたという日本の浮世絵版画、屏風絵を含む約100点となる。

なお6月25日にはカサット研究者のパメラ・イヴィンスキーを迎えた記念講演会『国際的な印象派の画家、メアリー・カサットの生涯と作品』が開催されるほか、会期中にはシンポジウム、ギャラリートーク、ワークショップなど各種イベントの開催を予定。詳細は『メアリー・カサット展』のオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『メアリー・カサット展』

横浜会場
2016年6月25日(土)~9月11日(日)
会場:神奈川県 横浜美術館
時間:10:00~18:00(9月2日は20:00まで、入場は閉場の30分前まで)
休館日:木曜(8月11日は開館)
料金:一般1,600円 大高校生1,100円 中学生600円
※小学生以下無料

京都会場
2016年9月27日(火)~12月4日(日)
会場:京都府 京都国立近代美術館
時間:9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜(10月10日は開館)、10月11日
料金:一般1,500円 大学生1,100円 高校生600円
※中学生以下無料

CINRA.NET
シェア / 保存先を選択