コムアイが語るメイクの魅力とは?新曲披露もされた『コムアイ(水曜日のカンパネラ)×shu uemura』イベントレポート

レポート
2016.6.22
コムアイ(水曜日のカンパネラ)

コムアイ(水曜日のカンパネラ)

画像を全て表示(7件)

shu uemuraの新作アイシャドー「color atelier(カラーアトリエ)」の発売を記念し、コムアイ(水曜日のカンパネラ)とのタイアッププロジェクトが実現した。「COLORHOLIC=色にハマる!」をテーマにし、水曜日のカンパネラによるコラボレーション楽曲とコラボビデオが発表されている。去る6月18日(土)・19日(日)には、原宿BANK GALLERYにて、キャンペーンのメインイベントとなる『TOKYO COLORHOLIC PARTY』が開催され、shu uemuraのメイクショーや新作のアイカラーを実際に体験できるメイクスペースが設置された。19日にはゲストとしてコムアイも登場し、コラボ楽曲の披露とトークショーを実施。今回はその楽曲披露とトークセッションの模様を余すところなくお届けしたい。

 

自由奔放さが光るコムアイの「COLORHOLIC」披露

ステージ脇のハシゴをのぼってパフォーマンスをするコムアイ(水曜日のカンパネラ)

ステージ脇のハシゴをのぼってパフォーマンスをするコムアイ(水曜日のカンパネラ)

まずは、コムアイによるコラボ楽曲「COLORHOLIC」が披露された。照明が落ちて暗闇となったステージに、光るLEDシューズをはいたコムアイが登場する。ステージ脇に設置されたハシゴを使って2階部分によじのぼり、会場を見下ろす形で寝そべってマイクを握る。と思いきや、今度はあっという間にハシゴを駆けおりて会場の外へ出てしまったり、観客にほど近い階段スペースも使って歌うなど、コムアイらしいのびのびと自由なパフォーマンスをみせた。

 

コムアイ×淺野裕司が語るメイクアップの魅力

コムアイ(左)と淺野裕司(右)

コムアイ(左)と淺野裕司(右)

新曲披露を終え、続いてはコムアイとshu uemuraのチーフメイクアップアーティスト・淺野裕司によるトークセッションタイム。淺野氏は、コラボ楽曲「COLORHOLIC」のミュージックビデオ内でもメイクアップを担当している。

--まずは先ほどのコラボ楽曲のパフォーマンスについて質問です。LEDシューズで光を使ったパフォーマンスをしていただきましたが、いかがでしたか?

コムアイ:今度サンフランシスコでパフォーマンスをすることが決まっていて、このシューズも本当はそこで使う予定だったんですけど、「あ!今回の企画にぴったりだ!」と思って急遽導入しました。このシューズはプログラミングがしてあって、音楽に合わせて好きなように光の色や点滅のテンポなどを調整できるんです。

--今日は衣装もカラフルですけど、メイクもとてもかわいらしいでよね。今回も淺野さんが担当されて、コラボ動画のときと同じ「原宿ピンク」のアイシャドーを使っているそうですが、メイクのポイントを教えてください。

淺野:ポイントは、左右非対称のアイラインです。

コムアイ:淺野さんと能面の話をしていたんですけど、能のお面って左右で陰と陽があって、顔がじつは少し印象がちがうようにできているんですよ。私の顔もすごく左右がちがうので、それに合わせて淺野さんにメイクしていただきました。

淺野:ほかにもラメを使って妖艶に見せていたり、額にもうっすらとピンクが入っていたりと、照明やLEDシューズに負けないようなメイクになっています。

イベント会場内のコスメ体験スペース

イベント会場内のコスメ体験スペース

--コムアイさんにとって、shu uemuraはどんなブランドですか?

コムアイ:憧れのブランドですね。去年ちょうど黄色のアイシャドーを探していたときにshu uemuraのものを見つけたんですよ。発色がすごくよくて、日本のブランドだとなかなかハッキリ色が出るものってないじゃないですか?でも、3,000円はちょっと高くて買えなかった(笑)。

--今回のアイシャドーのカラー展開で、一番好きな色はなんですか?

コムアイ:いっぱいあるんですけど、ゴールドやシルバー、それと今日のメイクでも使っている「AWAYUKI WHITE」が好きです。この3色は、キラキラしていてオススメです!

--普段のメイクでは、どのようなカラー選びをしていますか?

コムアイ:洋服と気分によって選びます。元気さを出したいときはピンクじゃなくてオレンジを選んだり。今日は怪しげな雰囲気を出したくて、妖艶なイメージになるようにメイクしてもらいました。

--今回のコラボ動画では、東京のいろいろなところに行って色を切り取っていますが、撮影の感想を教えてください。

コムアイ:東京に住んでかなり長いんですけど、改めて観光しているような感じで、いろんな知らないところに連れていってもらいました。普段通っているキャットストリートも、映像で見ると違った雰囲気になっていておもしろかったです。

 

--コムアイさんが好きな東京の街や、その街の色のイメージを教えてください。

コムアイ:上野が好きでお散歩によく行きます。不忍池の蓮の花のピンク色とかが好きですね。上野や東京の東側の街に行くときは、「目張り」という歌舞伎のメイク方法で、目尻だけ赤や黒でメイクをしたりもします。

--淺野さんは、動画内でコムアイさんやほかのダンサーさんのメイクも担当されていますよね。撮影時のこだわりポイントを教えてください。

淺野:この動画は、「東京を舞台にして、より多くのカラーを見つけた人が勝つというゲームに参加して、コムアイさんが勝利する」というストーリーになっているのですが、コムアイさんが勝つための理由が必要だと思ったんです。色には気分を高揚させたり、落ち着かせてくれたり、エネルギーがあると思うんですよ。それで、色が生命体となって、宿主にコムアイさんを選んで導いていく……そんなストーリーを僕なりに勝手に思い描きながら、コムアイさんのイノセントな部分を飾れるようなメイクをしました。

コムアイ:そんな意味があったなんて知らなかったです。今日はじめて聞きました(笑)。

淺野:ほかにも、動画内では都市に合わせたいろいろなカラーのメイクが登場します。本来メイクはパターン化してしまうことが多いと思いますが、服を楽しむ感覚でメイクも楽しんでもらいたいです。ワンパターンで終わってしまうのはもったいないかなって思いますね。

--今回、楽曲もコラボ動画に合わせて作っていただけたとのことですが、どのように作られたんですか?

コムアイ:映像のために音楽を作ったのは初めてです。最初に映像を見たときから完成イメージははっきりしていたので、そのあと監督やケンモチヒデフミと一緒に話し合って、映像の尺に合うように音楽を調整したり、歌詞も映像が目立つようなものを考えました。

 

「COLORHOLIC」の無料ダウンロードが開始に

この日もキュートなメイクと衣装に身を包み、トークショーでは制作秘話や裏話を多数披露してくれたコムアイ。今回のshu uemuraとコムアイのコラボレーション楽曲「COLORHOLIC」は、2016年6月20日(月)~7月31日(日)まで、期間限定でフリーダウンロードが可能だ。「水曜日のカンパネラ」の公式サイトにダウンロードページがあるので、ぜひチェックしてみよう。

 

水曜日のカンパネラ公式サイト
http://www.wed-camp.com/news/detail/31

shu uemura「COLORHOLIC」キャンペーンサイト
http://brand.shuuemura.jp/colorholic/

シェア / 保存先を選択