神谷浩史さん、特別展「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」の音声ガイドを担当! 展示には荒木飛呂彦氏ら著名漫画家が参加

神谷浩史さん、特別展「ルーヴルNo.9 」の音声ガイドを担当

神谷浩史さん、特別展「ルーヴルNo.9 」の音声ガイドを担当

 来る7月22日(金)より、森アーツセンターギャラリーでルーヴル美術館特別展「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」が開催。その音声ガイドを、なんと人気声優・神谷浩史さんが務めます! 今回の展示は、世界最大級かつ最高峰の美術の殿堂「ルーヴル美術館」が、「漫画」でルーヴル美術館を表現するという「ルーヴル美術館BDプロジェクト」からの展開。荒木飛呂彦氏、谷口ジロー氏、松本大洋氏ら日本の漫画家を含む、フランス内外の著名な漫画家が多数参加しています。そして今回、音声ガイドの収録を終えた神谷さんからコメントが到着したので、ここに公開しましょう!

◆声優・神谷さんから、音声ガイド収録後のコメントが到着!

【神谷浩史さんコメント】
とても楽しく収録できました。展覧会の音声ガイドだからと、特別な気負いはせず、20年の声優人生のキャリアをかけて打ち込みました。展覧会の案内役だったり、漫画の中の人物になったりといくつもの声を演じました。芸術だからと構えて考えすぎに、楽しんで欲しいです。会場では充分に作品に触れていただき、さらに作品の見識を高める、そのきっかけが自分の音声ガイドだったらとても光栄です。

<神谷浩史 プロフィール>
様々なキャラクターを持ち前の透明感のある声で演じる実力派声優。第二回声優アワードサブキャラクター男優賞に続き、2009年の第三回声優アワードでは主演男優賞とパーソナリティ賞を受賞し、声優アワード史上初の主要三冠を獲得。また、『化物語』阿良々木暦役で東京国際アニメフェア2010、第9回東京アニメアワード個人賞(声優賞)を受賞。声優業だけでなく、ラジオパーソナリティとしても活躍中。代表作として、ワンピース(トラファルガー・ロー)、おそ松さん(チョロ松)、進撃の巨人(リヴァイ)、夏目友人帳 シリーズ(夏目貴志)、物語 シリーズ(阿良々木暦)、黒子のバスケ(赤司征十郎)がある。

◆展覧会概要
●ルーヴル美術館特別展「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」
★2005年にスタートした「ルーヴル美術館BDプロジェクト」は、漫画家たちにルーヴル美術館をテーマに自由に作品を描いてもらうもので、荒木飛呂彦氏、谷口ジロー氏、松本大洋氏ら日本の漫画家を含む、フランス内外の著名な漫画家が多数参加。本展では、それらプロジェクトから300点以上に及ぶ原画や資料、映像などを一挙公開。さらに五十嵐大介氏、坂本眞一氏、寺田克也氏、ヤマザキマリ氏らが展覧会のために描き下ろした作品も展示。

会期:2016年7月22日(金)~9月25日(日) ※会期中無休
開館時間:10:00~20:00(最終入場19:30)
会場:森アーツセンターギャラリ
問合せ先:03-5777-8600(ハローダイヤル)

▼音声ガイド 600円
▼前売券:(7/21迄)
一般)1,500円、高・大学生)1,000円、 小・中学生)400円

★神谷浩史さん音声ガイド付き 前売チケット好評発売中!
販売期間:7/21日迄 ※ローソンチケット限定
一般)1,800円、高・大学生)1,300円、小・中学生)700円

※詳細は公式サイトへ

◆作品の一部を紹介!

>>「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」公式サイト

(C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
(C)MATSUMOTO Taiyou / Shogakukan / Futuropolis / Musée du Louvre éditions
(C)Futuropolis / Musée du Louvre éditions 2012

アニメイトタイムズ
シェア / 保存先を選択