弐瓶勉氏のデビュー作『BLAME!』劇場アニメ化決定 監督は『シドニアの騎士』の瀬下寛之氏

ニュース
2016.7.20
公開されたキービジュアル (C)弐瓶勉・講談社/東亜重工動画制作局

公開されたキービジュアル (C)弐瓶勉・講談社/東亜重工動画制作局

講談社「アフタヌーン」にて1997年から2003年に連載され、『シドニアの騎士』で第39回講談社漫画賞を受賞した弐瓶勉氏のデビュー作『BLAME!』の劇場アニメ化が決定し、キービジュアル第一弾が解禁された。

人類が「違法居住者」として駆除・抹殺される暗黒の未来。無限に増殖を続ける超巨大な「階層都市」における探索者・霧亥(キリイ)の孤独で危険な旅路を描いた本作は、その独特の世界観や圧倒的なスケール感、そしてソリッドでハードなアクション描写で、国内だけでなく海外の映像クリエイターやアーティストからも支持を得ている。

監督には、『シドニアの騎士』や『亜人』を制作した瀬下寛之氏が決定しており、アニメーション制作は『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』や『トランスフォーマー プライム』、『シドニアの騎士』を担当したポリゴン・ピクチュアズ。さらに原作者の弐瓶氏がシナリオやキャラクターデザインをはじめとしたクリエイティブディレクションの中核を担い、自らプロジェクトに全面協力している。

解禁にあわせてティザーサイト公式TwitterFacebookもオープンし、弐瓶氏と瀬下監督が米・サンディエゴにて開催される大型コンベンション『コミコン2016』に参加することも決定した。 ティザーサイトでは最新映像の解禁までのカウントダウン企画のほか、本作に関する様々な情報を発表していく予定だ。

 

作品情報
劇場アニメ『BLAME!』​

<STAFF>

原作:弐瓶勉『BLAME!』(講談社「アフタヌーン」所載)
総監修:弐瓶勉
監督:瀬下寛之
アニメーション制作:ポリゴン・ピクチュアズ
製作:東亜重工動画制作局

<CAST>
coming soon

 

シェア / 保存先を選択