本田翼&山本美月の心の闇が露呈、真剣佑ら出演の『少女』予告編

ニュース
2016.7.30
 ©2016「少女」製作委員会

©2016「少女」製作委員会

映画『少女』の予告編が公開された。

オフィシャルサイトで公開された予告編では、本田翼演じる由紀が「みんなもいるだろ?親友。これだけは伝えたい。夢は諦めなければ必ず叶う!」という教師のセリフとは裏腹に暗い表情を見せている様子や、山本美月演じる敦子が同級生からいじめを受けているシーン、真剣佑演じる牧瀬にベッドの上で顔を近づける由紀の姿、由紀が敦子を屋上から落とし、冷たい視線を送る場面などが確認できる。またGLIM SPANKYが書き下ろした主題歌“闇に目を凝らせば”も使用されている。

 

 

10月8日から全国で公開される『少女』は湊かなえの同名小説が原作。「人が死ぬ瞬間」を見たいという欲望を持つ2人の女子高生の夏休みを描く。本田翼、山本美月、真剣佑に加え、心に深い傷とトラウマを抱える物語のキーパーソン・高雄孝夫役で稲垣吾郎が出演している。監督は『ぶどうのなみだ』『繕い裁つ人』などの三島有紀子。

作品情報

『少女』

2016年10月8日(土)から全国公開

監督:三島有紀子
原作:湊かなえ『少女』(双葉文庫)
主題歌:GLIM SPANKY“闇に目を凝らせば”
出演:
本田翼
山本美月
真剣佑
稲垣吾郎
配給:東映

CINRA.NET
シェア / 保存先を選択