シナモロール初の常設カフェが京都にオープン!


サンリオの人気キャラクター、シナモロールをイメージした、初の常設カフェ「Cinnamoroll Café(シナモロール カフェ)」が、7月27日に京都の河原町にオープンした。

店内は、“木漏れ日”をテーマに緑を基調とした癒しの空間。ドアを開けると“カフェ・シナモン”に住む、大きな耳とシナモンロールのようにくるくる巻いたしっぽが可愛い、看板犬のシナモンと仲間たちが迎えてくれる。

なんとも楽しげな店内では、パスタやスイーツなどの可愛いメニューが豊富にそろう。シナモンが持っているのは植木鉢と思いきや、スコップの形をしたスプーンで食べる「カフェ・シナモンのガーデンティラミス」(税抜880円)や、ふわっふわのトマトクリームソースを雲に見立て、シナモンが空を飛んでいる姿を表現した「ピンクのふわふわ雲 トマトクリームパスタ」(税抜1280円)など、食べるのがもったいなくなる、見た目もキュートなものばかり。

また、地元の人気イタリアン、祇園やまぐちの山口 正シェフが考案した「シナモンとアズキのまっちゃり会」(税抜980円)など、京都ならではのメニューもラインアップ。今後は、京都らしく紅葉を取り入れた店内の演出や、季節メニューも予定している。

店内のグッズコーナーでは、スマホカバーやマグカップ、トートバッグといった、ファンは見逃せないカフェ限定グッズも販売している。【関西ウォーカー】
 

Walkerplus
シェア / 保存先を選択