BSスカパー! 8月9日の「STAGE LEGEND~伝説舞台~」に新感線『SHIROH』が登場!

SPICER

GEKIxCINE Official ゲキ×シネ「SHIROH」予告より

BSスカパー!毎週日曜日夜に放映されている「STAGE LEGEND~伝説舞台~」。文字通り「伝説」となった貴重な舞台映像を放映してくれる、とにかく演劇ファンには非常に有難い番組だ。第13回目にあたる8月9日(日)10時は、「ゲキ×シネ『SHIROH』」が放映される(8月16日午後0:30に再放送もある)。

「STAGE LEGEND~伝説舞台~」では、5月からチャンネルNECOと連動し、劇団☆新感線ゲキ×シネ過去作品合計10作品を毎月放送している。今回の『SHIROH』は、劇団☆新感線・初の本格的ロックミュージカルとなった作品だ。天草四郎と島原の乱の史実をモチーフに、大胆な創造力で普遍的なテーマにまで昇華した物語が、「神の歌」と言えるほどに魂のこもった音楽にのせて、壮大なスケールで描かれてゆくのである。2004年12月~翌1月の公演で7万人を動員し、熱狂的支持を集めた。まさしく「伝説」の舞台であった。また、ゲキ×シネ版は2005年夏に公開され、高い人気により上映を幾度も重ねて来た。

中川晃教・上川隆也・高橋由美子・杏子・大塚千弘・高田聖子・橋本じゅん・植本潤・粟根まこと・吉野圭吾・泉見洋平・池田成志・秋山菜津子/江守徹ら豪華出演者たちの熱唱する姿は、観れば観るほど聴けば聴くほどに感動が深まる。脚本と演出は、中島かずき&いのうえひでのりのテッパンコンビ。ミュージカルの肝となる音楽は、新感線には欠かせない岡崎司が担当、心に刻まれる名曲の数々をこれでもかと投入して観客の心を鷲掴みにした。作詞にはデーモン小暮閣下も参加していた。

なお、記者は個人的に『SHIROH』が新感線の中で最も好きな作品だ。ブロードウェイに持って行き世界の人々に見せるべきだと思っているほどだ。また舞台映像のほうは、劇場での一回の観劇では到底わかりえなかった役者の重要な表情をしっかりと捉えていて新たな発見も多い。その舞台映像にはゲキ×シネ版とDVD版があって、エンドロールに大きな違いがあり、テレビ放送がどちらになるかが気になるところではある。

この舞台では女優陣もそれぞれに大層魅力的だが、大塚千弘(当時・大塚ちひろ)もまた、彼女の代表作といっていいほどに魅力を放っていた。大塚の妹も大いに感銘を受けたらしく、大塚が演じた役名を自らの芸名に取り入れたという。彼女の名は山下「リオ」という…。

シェア / 保存先を選択