内田彩の「女の野望」と厳しい一言に真壁刀義がツッコミ「お前、鬼だな!」 映画『鷹の爪8 ~吉田くんのX(バッテン)ファイル~』先行初日舞台あいさつ

SPICER
本間朋晃、真壁刀義内、内田彩、FROGMAN監督、吉田くん  

本間朋晃、真壁刀義内、内田彩、FROGMAN監督、吉田くん  

画像を全て表示(14件)

8月20日、都内で映画『鷹の爪8 ~吉田くんのX(バッテン)ファイル~』の先行初日舞台あいさつが行われ、キャストの内田彩、真壁刀義、本間朋晃、そして脚本・声の出演も担当するFROGMAN監督が登壇した。

 

内田彩  

内田彩  

本作は、アニメ『鷹の爪』シリーズの10周年記念作品。劇中では、呪いのビデオを調査していた世界連邦捜査局の捜査官・モレルダーが、幼少期の吉田くんがビデオのカギを握っていることを知り、過去の島根県・吉田村にタイムトラベル。吉田くんや親友の和夫らと合流して、事件解決に乗り出す姿が描かれる。

FROGMAN監督

FROGMAN監督

頭脳派キャラの少年・つっちーの声優を務めた内田は、FROGMAN監督について、「昔、監督の別の作品のオーディションを受けたことがあって、その時はデビューしたてで、まあ落ちたんですけども……。こうやって今回、改めてご一緒させていただけるとは思っておらず」と意外な縁を告白。さらに「ビックリしたと共に、『鷹の爪』に普通のアニメ声優さんが出演されている印象がなかったので、まさか私が出演できるなんて思っていなくて。ドキドキしながら収録に向かったんですが、本当に楽しく収録させていただきまして、やっててよかったなあと思える瞬間でした」とにっこり。

真壁刀義

真壁刀義

本人役で出演した真壁は、「本編は、昨日の夜、自分の部屋で見たんだよね。ストーリーの中に、ガキの中にくすぐられたものが散りばめられているんだよ。わかった?UMAとかさ。ガキの頃の『水曜スペシャル』とか、興奮したの覚えてる?あれがさ、そのまま出てるの」と絶賛。一方、映画などに飽きっぽいと話す本間は、「最後まで見れたんです。すごいですよ」と話し、劇中の恋愛要素などに感動した結果、「ポロって泣いちゃいましたね」と笑顔で明かす。しかし、真壁から「似合わねえよ!」と激しく突っ込まれ、これには会場も爆笑。

本間朋晃

本間朋晃

吉田くん(声:FROGMAN監督)は、「来週は関西の方にもキャンペーンに行ったり、大変だと思うんですけど、色々なものを食べてこようかな」とコメント。10周年を祝われたFROGMAN監督は、本作で意識したことについて、「子供時代の夏休みって、昔はテレビでアメリカのコメディ映画とかがよく流れていたんですよ。兄弟でワイワイ言いながら見ていた記憶があるんですけど、そういうわちゃわちゃした夏休みの思い出になればと思って作りましたね」と振り返った。

FROGMAN監督、吉田くんによるおなじみの光景

FROGMAN監督、吉田くんによるおなじみの光景

続けて、本作がタイムトラベルを描くことに絡めて、トークは「戻ることができるならいつに戻りたいか」という話題に。FROGMAN監督は「10年前に戻って、『鷹の爪』を作っていたときに、手伝いに行きますね。すごい大変だったんです。誇張なく、300日会社に泊まっていたんですよ。戦闘に通って、汚れ物は段ボールに詰めて島根の実家に送って、新しいものが送られてくるみたいな、そんな生活を送っていたので」と返答。一方の吉田くんは、「坂本龍馬を暗殺した人が、いったい誰なのか調べに行きますね。本を書いて、売ろうかなと思います」とブラックジョークを飛ばして笑いを誘った。

真壁刀義、本間朋晃

真壁刀義、本間朋晃

本間は、声がきれいだった高校生の頃に戻りたいそうで、「高校時代は写真部で、運動を全くやっていなかったんです。(レスリングの)吉田(沙保里)さんが負けてしまって残念だったんですけど、僕もオリンピックを目指せれば」と真面目にコメント。そして内田は、「中学の時に恋をした先輩がいて、今はご結婚されて、お子さんもいらっしゃるんです。戻れるなら小学生の頃に戻って、その先輩と仲良くなっておきたい」と回答。さらに真壁が「仲良くなって、からの~?」と振ると、内田は「そしたら、いま先輩の隣にいるのは私だったかもしれない」とにんまり。真壁は「女の野望って怖いね」と本音をこぼしていた。

このやりとりを見ていたFROGMAN監督は「内田さんの綺麗な声と、そうじゃない人たちの会話がすごい(笑)なかなか見れない会話だったな」とこぼし、内田と真壁&本間という珍しい組み合わせに笑顔を見せていた。

内田彩

内田彩

当日は、真壁の大好物スイーツ・モンブランが用意されており、公開初日を祝福する一コマも。美味しそうにほおばる一同だったが、一つだけ‟鷹の爪”入りの激辛モンブランがあるというオチ。これを食べてしまった本間は苦悶の表情を見せるが、内田が「なんか、あんまり伝わってこないですね。辛さが」と、聞きとりにくい本間の声に厳しい一言。真壁はすかさず「お前、鬼だな!」と突っ込みを入れて笑いを誘っていた。

本間朋晃(苦悶の表情)

本間朋晃(苦悶の表情)

再びマイクを握った吉田くんは、「後は皆さんが、SNSで拡散していただいて。良いコメントだけお願いしますよ。悪いコメントを見つけたら、直接リプを飛ばして、お前を罵倒してやるからな!」と檄を飛ばし、再び会場を笑わせた。最後にFROGMAN監督は、「よそでも巨大なモンスターの映画がありまして、それをずっと意識して作っていました。ライバルは、『シン・ゴジラ』です」と冗談交じりに締めくくり、舞台あいさつは幕を閉じた。

映画『鷹の爪8 ~吉田くんのXファイル~』は先行公開中、8月27日(土) 全国拡大公開。

作品情報

鷹の爪団10周年記念作品
『鷹の爪8 ~吉田くんの×ファイル~』
 

© 「鷹の爪 8」製作委員会

© 「鷹の爪 8」製作委員会

 
監督・脚本・声の出演:FROGMAN
原案・まんが:FROGMAN・おおわき正義
(『鷹の爪 吉田くんの X(バッテン)ファイル』小学館『月刊コロコロイチバン!』にて連載中)
声の出演:森川葵(里美役) 内田彩(つっちー役) 犬山イヌコ(キュウ助役) 杉田智和(モレルダー役)
松本梨香(ナスカリー役) 若本規夫(グレイ司令官役) 真壁刀義・本間朋晃(本人役)ほか
主題歌:モン吉「一期一会」(ドリーミュージック・)

【ものがたり】
20世紀、島根県・吉田村。秘密基地で遊んでいた地元の小学生・吉田くんと仲間たちのもとに、未来からタイムトラベルで世界連邦捜査局・X(エックス)捜査課のモレルダー&ナスカリー捜査官がやってきた。彼らはともに、未来で怪事件を発生させているという「呪いのビデオ」の捜索を始める。しかし、その行く手には UMA(未確認生物)、オーパーツ、超常現象など、思わず寄り道したくなる摩訶不思議な出来事が次々に出現!果たして吉田くんたちの大冒険の結末や如何に……?

配給:DLE/プレシディオ
映画オフィシャルサイト:www.takanotsume.jp/xfile

【前売り券情報】
鷹の爪8特製ピンバッジ付ムビチケカード
一般1,400円、小人900円、親子ペア2,200円 発売中
 


© 「鷹の爪 8」製作委員会

 

関連情報
鷹の爪10周年記念
鷹の爪団のSHIROZEME 2016 in 国宝松江城
 
© DLE

© DLE


開催日:2016年9月17日(土)
会場:島根県松江市 松江城、および周辺施設と周辺エリア (島根県)
チケット発売中



詳細は公式サイトにて:http://shirozeme.com/
シェア / 保存先を選択