劇団☆新感線、旗揚げ公演の地で語る「35年の軌跡」

告知チラシより(SPICE編集部責任による画像掲載)

告知チラシより(SPICE編集部責任による画像掲載)

いのうえひでのり氏が旗揚げ公演の地で語る、『演劇はオモシロイッ! ~劇団☆新感線 35年の軌跡~』ピッコロシアター文化セミナー開催

兵庫県立尼崎青少年創造劇場(ピッコロシアター)は、文化セミナー『演劇はオモシロイッ! ~劇団☆新感線 35年の軌跡~』を開催する。登壇者は劇作家・演出家で劇団☆新感線主宰のいのうえひでのり氏。日時は10月9日(金)19時から(約90分予定)、会場はピッコロシアター大ホール。入場無料(要申込:先着400名)。

⇒ ピッコロシアター文化セミナー〈87〉劇作家・演出家・劇団☆新感線主宰 いのうえひでのりさんに聞く

同セミナーは、ピッコロシアターの開館以来の企画で、舞台芸術への関心を高めていこうとする教養講座。今回は、35年前にピッコロシアター中ホールで旗揚げ公演(『熱海殺人事件’81~野獣死すべし』)を行った、「劇団☆新感線」の主宰いのうえひでのり氏が、これまでの稽古場でのエピソードや、作家・演出家としてのさらなる意欲・野望などを語る。

なお、「劇団☆新感線」は、劇団創設35周年を記念する様々な企画・イベントを行っており、9月11日〜23日まで、渋谷・パルコミュージアム(渋谷パルコ PART1・3F)にて、「劇団☆新感線35周年記念《秋冬展》『大☆新感線博』」を開催する。入場料は一般600円・学生400円・小学生以下無料、 劇団☆新感線会報誌『めぐり』付き。

【こちらもチェック!】
◇ 劇団☆新感線35周年記念WEBサイト 

舞台制作PLUS+
シェア / 保存先を選択