全鍵盤を「ド」の音に特殊調律したピアノ演奏に挑戦「寒川晶子ピアノコンサート~未知ににじむド音の色音(いろおと)」

ニュース
クラシック
2016.9.9
寒川晶子

寒川晶子


京都で生まれ育ち、音楽の源流を京都・西陣に持つ気鋭のピアニスト寒川晶子が、彼女の独自な発想から生まれた、全て「ド」の音に特殊調律したピアノによる演奏を、9月24日(土)ロームシアター京都サウスホールで披露する。

さらに、「スピーカーのオーケストラ」とも言われ、音楽を立体的に表現する音響装置・アクースモニウム、中国の奥地に伝わる美しい音色を奏でる織り機との世界初のコラボレーションをおこなう。聴衆は生の演奏空間でしか味わえない、神秘的な“色音”(いろおと)を体験することが可能となるという。

終演後には、出演者3名(寒川晶子、檜垣智也、伊藤悟)と小沼純一(音楽・文芸批評)によるポストパフォーマンス・トークも開催される。

寒川晶子 photo:Takashi Arai

寒川晶子 photo:Takashi Arai

ロームシアター京都のサイトより

「ド」音のなかでグラデーションを作る。
色鉛筆の1色の中で変化を見るかのように、水墨画のように。
本来決められたピアノの調律法とははるか遠く逸脱したアイデアの中で、
ピアノの弦特有の響きと余韻を残したまま、
これまで聞いたことのなかった膨張音、ノイズを引き出しています。
微妙なピッチに人の声や息が重なるようで安心感と持続音を生み出す
その響きに、空間はじわじわと包み込まれていくでしょう。
「音に溶けて」はド音ピアノのソロで、「にじませ震わせ」はド音ピアノに加えて
アクースモニウム演奏の国内における第一人者である檜垣智也氏との共演で、
「響紡ぎ織」は伊藤悟氏による音の織機も加わった3人の演奏で、
より立体的な音とコラボレーションを演出します。

公演情報
ロームシアター京都セレクション 
「寒川晶子ピアノコンサート~未知ににじむド音の色音(いろおと)」


■日時:2016年9月24日(土)18:00開演(17:30開場)
■会場:ロームシアター京都サウスホール

■出演:

ド音ピアノ:寒川晶子
アクースモニウム:檜垣智也
音の織機:伊藤 悟

■演奏曲目

 
「音に溶けて」
Vol.1(浮浮)、Vol.2(霞弦)
演奏:寒川晶子
 
「にじませ震わせ」
演奏:寒川晶子/檜垣智也
 
「響紡ぎ織」
演奏:寒川晶子/檜垣智也/伊藤悟

 
■問合せ:
ロームシアター京都チケットカウンター
TEL.075-746-3201(10:00~19:00、年中無休)

 
シェア / 保存先を選択