平井大の全国ツアーが無事に終了、新譜の発売とアコースティックライブを発表

レポート
2016.9.11

画像を全て表示(4件)

平井 大が9月10日(土)全国ツアーのファイナル公演を昭和女子大学 人見記念講堂で行った。スマッシュヒットとなったアルバム『Life is Beautiful』をひっさげての全13公演のツアーは、各所ソールドアウトを達成しながら開催され、初の単独ホール公演となったこの日も人見記念講堂は満員に埋め尽くされた。

アルバムの1曲目でもある「Faraway」をオープニングに、夏はまだ終わってないとばかりに「Summer Queen」をトロピカルアレンジで披露。ロックンロールナンバー「Call me the breeze」「Kiss Me Baby」で会場のボルテージを上げていく。

「Surf Time」では途中、ウクレレからエレキギターに持ち替える場面もあり、エレキギター姿の平井も違和感なくハマっていた。ジャックスCM曲でお馴染みの「A Good Day」を挟み、アルバムの中で人気バラード曲である「tonight」のイントロがはじまるとどこからともなく歓声があがる。しっとりとした雰囲気の中、インストナンバー「Locals Only」ではお馴染みのバンドメンバーを紹介、最後は平井のウクレレソロで締めた。

その後は「祈り花」から、今度はアコースティックギターに持ち替え「大切な人を想って聞いてほしい。」と語りかけると「Stay by my side」を披露してくれた。「Everything is music」ではプレイヤーとしての平井を遺憾なく発揮、ウクレレを弾いているとは思えない超絶プレイで観客を虜にする。

ラストナンバーの前に、平井から11月にカバーミニアルバムをリリースすること、そしてアコースティックライブツアーを開催することを発表した。アルバムにはサーフロック界のレジェンド、ドノヴァン・フランケンレイターとの共演もあるとのことで非常に楽しみである。

本編ラストの曲は今夏、ハウスジャワカレーのCMで話題となったアルバムタイトル曲「Life is Beautiful」。フレーズを会場にいる全員で大合唱するとバンドメンバーと共に平井はステージをあとにした。

アンコールが鳴り止まないなか、再び平井が一人で登場し「僕がシンガーソングライターになる際、最初に作った曲です」と、「ONE LOVE~Pacific Harmony~」を弾き語りで披露。再びバンドメンバーを呼び、「Knockin' On Heaven's Door」でピースな空気を作り、アンコールの最後には「また逢う日まで」で、歌に乗せてオーディエンスへメッセージをのこし自身最大規模の全国ツアーは幕を閉じた。


 
セットリスト
Dai Hirai Tour2016~Life is Beautiful~
2016.9.10(SAT)昭和女子大学 人見記念講堂
 
1.Faraway
2.Summer Queen
3.Call me the breeze
4.Kiss Me Baby
5.Surf Time 
6.A Good Day
7.tonight
8.Locals Only
9.祈り花
10.Stay by my side
11. Change The World
12. Stay
13. I'm yours
14. Island Girl
15. Slow & Easy
16. See you at the ocean
17. Everything is music
18. Life is Beautiful
[ENCORE] 
19. ONE LOVE~Pacific Harmony~
20. Knockin' On Heaven's Door
21. また逢う日まで

 

リリース情報
カバーアルバム『Love is Beautiful』
発売日:11月9日(水)
品番:AVCD-93512
価格:1,944円(税抜)

 

ライブ情報
平井 大 Premium Acoustic Tour ~Love is Beautiful~

11/11(金) Billboard Live OSAKA(大阪府)
11/12(土) Blue Note NAGOYA(愛知県)
12/3(土) Motion Blue YOKOHAMA(神奈川県)
12/4(日) Motion Blue YOKOHAMA(神奈川県)
12/17(土) FUKUOKA Gate’s7(福岡県)
12/26(月) COTTON CLUB(東京)
12/30(金) Billboard Live TOKYO(東京)
シェア / 保存先を選択