星野源、2万6000人を相手に遊んだ武道館「ひとりエッジ」大成功

星野源「星野源のひとりエッジ in 武道館」8月13日の東京・日本武道館公演の様子。(撮影:岸田哲平)

星野源「星野源のひとりエッジ in 武道館」8月13日の東京・日本武道館公演の様子。(撮影:岸田哲平)

星野源が8月12日と13日に東京・日本武道館にて単独ライブ「星野源のひとりエッジ in 武道館」を開催。各日ともに1万3000人のオーディエンスを前に約3時間にわたってパフォーマンスを披露した。この記事では2日目の模様をレポートする。

開演時刻を迎えると、アリーナエリア中央に設けられた円形ステージが明るく照らされ、アコースティックギターを抱えた星野が姿を見せる。ステージに上がった彼は四方に向かって深々とお辞儀をすると、ギターをゆっくりとつま弾きながら「バイト」からライブを開始した。穏やかなナンバーから一転して、2曲目は軽やかなギターのカッティングから始まる「ギャグ」。星野が手を高く掲げると、オーディエンスは力強いハンドクラップを響かせ彼の歌声をサポートした。

「こんばんは、星野源でーす!」という挨拶からMCを始めた星野は、「すごい景色ですね。本当にありがとうございます!」と客席を見渡し、「1人で最後までがんばってやりきりたいと思います」と意気込む。星野がギターをチューニングしている間には男性ファンの「男前!」という声が飛び、この言葉に星野は満面の笑みで「男前って言われるのが好きなんです」と上機嫌に。そのままMCを始め、「昨日知り合いの女性が観に来てくれて、今朝その方からメールが入ってまして。『源ちゃんの“ひとりエッチ”すごく気持ちよさそうだった』って……。エッジなんです!」と力強く弁解し、「その方はもうすぐ50(歳)なんですけど、そういうふうに感想をいただけるのはうれしい。そんなあの子は……」とNUMBER GIRL「透明少女」をさわやかに歌い上げた。R&Bテイストの新曲「Snow Men」でアダルトなムードを作り出したあとは、観客のハンドクラップに乗せて「フィルム」「Crazy Crazy」で会場の熱気を高めていく。そして「最高です、ありがとう」という挨拶をもって一旦ステージをあとにした。

幕間には、ファンにおなじみの“ニセ明”を「星野源のひとりエッジ in 武道館」を呼ぶべく、スタッフが“ニセ明”を必死で説得する様子がスクリーンで上映され、このあとの展開に向けて布石を打つ。その後、ちゃぶ台や扇風機などが置かれたステージセットが登場。観客の前に戻ってきた星野は「これは自宅という設定です。昔は和室の六畳一間で曲を作ってました。その頃の曲をやろうと思います」と、座布団に座りながら「ばらばら」と「くせのうた」を哀愁をたたえた声で歌う。しかしその直後に星野は「こういう感じでダラダラしたいんですよ!」と、手近なところにあったエロ本を真剣に読んだり、ギターを抱えたまま寝っ転がったりとやりたい放題。一方で、シャワーを浴びているときに生まれたというエピソードを紹介したのち、「くだらないの中に」を歌い柔らかな空気を紡ぎ出すなど、マイペースなステージでオーディエンスを魅了する。

自由気ままに振る舞う星野だが、1人だけのステージは寂しくなったのか「すごいセクシーな女の子に来てほしい。昨日はかわいい男の子が来たんだけどね。本人を前には言えなかったけど、俺、あの人抱けるからね(笑)」と前日のゲストである神木隆之介について言及。そうこうしながら星野が待っていると、Perfumeのかしゆかが「セクシーじゃなくてごめんなさい」と花道から登場。星野は鼻息を荒くしながら「セクシーです! セクシーです!」と叫びながら彼女を歓迎し、先ほどまで開いていたエロ本をステージ外に放り投げて観客を爆笑させた。星野を癒すために登場したというかしゆかは、「武道館をこうやって使う人初めて見た」とつぶやきながら星野のためにハーブティを用意。さらにお土産で持参したアイスを星野に見せる。しかし彼は「アイスってライブ前に食べちゃいけないものナンバーワンだから(笑)。ゆかちゃん食べて」とかしゆかに勧め、アイスを食べるかしゆかの前で「老夫婦」の弾き語りを始めた。星野が途中で「Say! Say!」と無理やりかしゆかを歌わせようと奮闘するも、かしゆかはアイスを食べる手を止めず、その光景に客席から笑い声が漏れる。ゲストの登場でエネルギーをチャージした星野は、ソウルフルな「Night Troop」と幽玄なサウンドを描く「レコードノイズ」を続けて披露し、再びステージをあとにした。

星野が緑色のスーツに着替えて登場した本編最後のブロックは、ダンサブルな楽曲を中心に展開していく。「マッドメン」に始まり、星野が「49歳くらいのおじさんとおばさんが銀座のライブハウスパブみたいなところで、チークタイムでけだるそうに、でも楽しそうに踊ってる感じで踊って」と観客にムチャ振りをした「海を掬う」、自ら叩いたドラムをサンプリングし、その音をループさせながら演奏した「いち に さん」「桜の森」と続く。本編をクライマックスへ導いた「夢の外へ」では、「武道館!」というシャウトにあわせてリボンキャノンが放たれ場内が華やかなムードに包まれた。

アンコールは、“ニセ明”同様星野のライブではおなじみの放送作家・寺坂直毅の前口上でスタート。約20年前にエリック・クラプトンの武道館公演に足を運び「武道館で1人で遊んでみたい」という星野少年の夢がこのライブで実現したことを語ると、「スペシャルなあの方があの曲を歌ってくれます」と“ニセ明”を紹介した。ステージに現れたのは、これまでとは違うシックな黒いタキシードに身を包んだ“ブランニューニセ明”。ミラーボールのきらびやかな光に包まれながら彼は、せり上がっていくステージの上で華麗にステップを踏み、伸びやかな声で「君は薔薇より美しい」を熱唱する。オーディエンスは待ってましたとばかりに大歓声をあげ、“ニセ明”のステージを堪能した。その後、“ニセ明”から“星野源”に戻るべく、星野は黒子が持参したカーテンの中で生着替え。「1万3000人の前でほぼ全裸なんだよね……」と話してストライプのシャツに黒いパンツ、白いローファーという衣装に着替えると、「こういう場所に立てるのは幸せなことだと思います。また立てるようにがんばっていきたいと思います」「俺とあなたとで最後にこの曲をやりたいと思います」と語り、観客の手拍子にあわせて最新シングル曲「SUN」を朗々と歌い上げた。最後に彼は自分を支えてくれたスタッフへの感謝の思いを口にし、登場時と同じように四方に向かってお辞儀をして「星野源のひとりエッジ in 武道館」に幕を下ろした。

星野源「星野源のひとりエッジ in 武道館」
2015年8月13日 日本武道館 セットリスト

01. バイト
02. ギャグ
03. 化物
04. ワークソング
05. 地獄でなぜ悪い
06. 透明少女
07. Snow Men
08. フィルム
09. Crazy Crazy
10. ばらばら
11. くせのうた
12. 営業
13. くだらないの中に
14. 老夫婦
15. Night Troop
16. レコードノイズ
17. マッドメン
18. 海を掬う
19. いち に さん
20. 桜の森
21. 夢の外へ
<アンコール>
22. 君は薔薇より美しい
23. SUN

音楽ナタリー
シェア / 保存先を選択