永谷園「東海道五拾三次」カードが約20年ぶりに復活

SPICER
永谷園

永谷園

画像を全て表示(2件)

かつて永谷園の「お茶づけ海苔」に封入され、アラフォー~アラフィフ世代には“懐かしい”と感じる人も多いだろう「東海道五拾三次」カードが約20年ぶりに復活することになった。

この「東海道五拾三次」カードは、1965年(昭和40年)~1997年(平成9年)の約30年間、永谷園のお茶づけ商品などの主要商品に封入されていた、歌川広重による浮世絵「東海道五拾三次」を印刷したもの。

和食のユネスコ無形文化遺産登録や、2020年東京オリンピック・パラリンピック開催などで日本文化への注目度が再度高まっていることを受け「日本文化を身近に感じていただける機会を創りたい」という思いから、約20年ぶりの復活となったという。

「東海道五拾三次」カードは2016年11月より順次、「お茶づけ海苔」などお茶づけ主要商品を対象に封入した商品が発売される。

さらに、当時人気だった「フルセットキャンペーン」も実施。対象商品のパッケージについている応募マーク(味ひとすじマーク)3枚を1口として応募すると、毎月1,000名に「東海道五拾三次カード」フルセットが当たるこのキャンペーンは、3年後の2019年(平成31年)まで実施される。

ちなみに、全国に住む20代~40代の男女319名に『永谷園のお茶づけ主要商品に「東海道五拾三次」カードが封入されたいたことを知っているか』をインターネット調査したところ、40代は約70%が「知っている」と回答。しかし20代で「知っている」と回答したのは約40%、30代では45%にとどまり、過半数以上の人は「知らない」という結果になったそうだ。

永谷園 東海道五拾三次カードフルセットプレゼントキャンペーン復活

永谷園 東海道五拾三次カードフルセットプレゼントキャンペーン復活

 
イベント情報
「東海道五拾三次」カードが封入復活の思い:今こそ伝えたい日本文化
【対象商品】 お茶づけ海苔(4袋入・8袋入)、さけ茶づけ(3袋入・6袋入)、
梅干茶づけ(3袋入・6袋入)、わさび茶づけ(3袋入・6袋入)、たらこ茶づけ(3袋入・6袋入)
※インパックの特殊形態商品を含む
【封入時期】 2016年11月出荷分より順次自然切替
「東海道五拾三次カード」フルセットプレゼントキャンペーン
【実施期間】 2016年11月~2019年1月31日
【応募方法】 対象商品のパッケージについている応募マーク(味ひとすじマーク)3枚を1口とし、葉書にテープなどでしっかり貼り、郵便番号・住所・氏名・年齢・性別・電話番号を必ずご記入の上ご応募ください。
【応募締切】  2016年11月~2019年1月31日(当日消印有効)
毎月月末到着分まで有効
【景品・当選者数】   景品 : 東海道五拾三次カードフルセット(55枚入)
当選者数 : 毎月1,000名様

 

シェア / 保存先を選択