【週刊!洋楽ハッスル#18】Mステにも出演!イギリスを代表するアーティスト・アンダーワールド

特集
2016.10.24

画像を全て表示(4件)

無類の音楽好きとしても知られるMC・奥浜レイラがお届けする動画コンテンツが、SPICEサイト内でスタート!
その名も「週刊!洋楽ハッスル」。毎週金曜日に、音楽ファンのかゆいところに手が届く情報をギュギュっと凝縮してお届けします!

バックナンバーはこちら→#1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8 #9 #10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17

洋楽ハッスルのTwitterがOPEN!!
フォローしてね!

 

週刊!洋楽ハッスル#18
お題:Mステにも出演!イギリスを代表するアーティスト・アンダーワールド

アンダーワールドは、カール・ハイドとリック・スミスの2人からなるイギリス出身のエレクトロ・ユニットで、実に30年にも渡って活動を続けている。2012年のロンドンオリンピックで音楽監督に抜擢されたことでも、国民的なアーティストということが伺える。

彼らは音楽活動の一方で、TOMATOというアート集団の創設メンバーでもある。TOMATOの企画展が今年、渋谷パルコで行われた際には彼らも来日。すでに閉店が決まっていたパルコの屋上でのライブを行った。

8月にもサマーソニック出演のためふたたび来日すると、なんとあのミュージックステーションに出演を果たした。
さらに11月。アンダーワールドは、日本武道館のステージに上がることになる。

▲Underworld - If Rah​
 
▲Underworld - Born Slippy (Nuxx) (Creative Commission version)
 
作品情報

Underworld「Barbara Barbara, we face a shining future」
アンダーワールド「バーバラ・バーバラ・ウィ・フェイス・ア・シャイニング・フューチャー」

label: Smith Hyde Productions / Beat Records
国内盤CD: BRC-500 ¥2,450 (+tax)

 
公演情報
2016.11.9(水)
日本武道館

open 18:00/start 19:00
アリーナスタンディング:¥11,000(税込/ブロック指定)SOLDOUT
指定席:¥9,000(税込)
シェア / 保存先を選択