『刀剣乱舞 DAY』が『没後150年 坂本龍馬』展にて開催 「陸奥守吉行」の描き下ろしイラストを用いたファイルの配布も

SPICER

京都国立博物館で開催中の特別展覧会『没後150年 坂本龍馬』(11月27日まで)にて、PCブラウザ&スマホアプリゲーム『刀剣乱舞-ONLINE-』とコラボレーションした『刀剣乱舞 DAY』が11月3日~6日にかけて行われる。

期間中は、ゲーム内に登場する刀剣男士「陸奥守吉行」の特別描き下ろしイラストと、龍馬が暗殺された際に携えていた「刀 銘吉行」の画像をデザインした特製クリアファイルが配布される。また会場には、「陸奥守吉行」の等身大パネルも展示される。さらに、刀剣鑑賞の楽しみ方や「刀 銘吉行」についてなどの話を『刀剣乱舞-ONLINE-』原作プロデューサー・小坂崇氣氏と東京国立博物館研究員・末兼俊彦氏が語る特別トークショーも実施されるとのこと。

©2015-2016 DMM GAMES/Nitroplus 刀 銘吉行 坂本龍馬佩用 京都国立博物館蔵

©2015-2016 DMM GAMES/Nitroplus 刀 銘吉行 坂本龍馬佩用 京都国立博物館蔵

 

イベント情報
特別展覧会『没後150年 坂本龍馬』 刀剣乱舞 DAY

■会期:11月3日(木・祝)~6日(日)/4日間
■会場:京都国立博物館

■企画内容
1.特製クリアファイルの配布
刀剣男士「陸奥守吉行」の特別描き下ろしイラストと、龍馬が暗殺された際に携えていた「刀 銘吉行」(陸奥守吉行)の画像をデザインした特製クリアファイルを、期間中各日先着500人に配布。

2.等身大パネルと特別描き下ろしイラストの展示
 コラボ期間中、ゲームに登場する刀剣男士「陸奥守吉行」の等身大パネルと、「刀銘吉行」の展示を記念した特別描き下ろしイラストを展示(写真撮影可)。

3.特別トークショー
 刀剣鑑賞の楽しみ方や、「刀 銘吉行」についてなど、刀剣にまつわる話を『刀剣乱舞-ONLINE-』原作プロデューサー・小坂崇氣氏と東京国立博物館研究員・末兼俊彦氏が語る。
日時:11月3日(木・祝)午後1時~午後2時30分
会場:京都国立博物館 平成知新館 講堂
定員:200人
参加費:聴講無料
参加方法:当日午前11時30分より、平成知新館1階で整理券を配布します

※いずれも「坂本龍馬」展の当日観覧券が必要です。
シェア / 保存先を選択